12月はやはり弾む月♪

我が家のクリスマス飾り
f0137694_153870.jpg


やはり少しづつでも飾って楽しんでいます


    
f0137694_132494.jpg


12月に入ったばかりの土曜日と日曜は~**

12月の素敵なパーテイ House of Potteryでのクリスマス
荻野さんとお料理研究家のRanさんとのクリスマスパ-ティー
豊かな時間を12月そうそう過ごしてきました。
f0137694_1112690.jpg


いつも温かい雰囲気のHouse of Pottery
ドアの中に入るだけで心地よくなってしまいます。


そしてウエルカムドリンクから始まるおいしい時間。
f0137694_161266.jpg


楽しい午後でした。

   
f0137694_1443381.jpg



f0137694_1121929.jpg



日曜は久々の LE VELVETS のコンサートへ。
NHKホールを満杯にしてのちょっと感動的なコンサートでした。
音楽大学卒業の5人組の美形集団はオーデションから選ばれても最初は路上ライブからでした。
9年前のデビューからNHKホールは彼らの夢だったとか。
今年は彼らのアルバム CLASSIC PASSONがオリコン
クラッシック部門でも1位に輝いて個人の活動もそれぞれがミュージカルにも進出するという
素晴らしい活躍を果たしました。

まだ認知されないときからエールを送らせていただいていたので
このコンサートでの彼らに私は感激していました。
素晴らしい歌声!

そして5人が今なお変わらずの真摯さで自分たちは幸せだという言葉と
これから50年も60年も続けたいという言葉になぜかあの5人組と重さなり
胸が痛く涙さえこみあげて・・・・。
彼らもファンとともに50年先も一緒に~なんて言ったのになあなんて。
心だけ置き去りにしないでねえ(誰に言ってるの?もちろんS○○P)

どちらにしても心を動かされる12月の日々

深夜にもかかわらず今夜は不思議に目もさえてつれづれなど書いてしまいました。
# by akicosmosA | 2016-12-06 01:07 | ゆうゆう時間 | Trackback | Comments(2)
12月になりました。

f0137694_340352.jpg


師走とはいえ現実的にはやらねばのことも多いですが
なぜか気持ちは華やぐのですよね。
クリスマス、娘たちとの時間、コンサート、友人との忘年会?
なんて嬉しい忙しさでしょうか。

もちろん仕方のない雑用もいっぱいですが12月がそれを帳消しにしてくれます。

11月の終わりに毎年恒例のアリュール栗原さんのリースレッスンが
いつものメンバーで葉山の友達の家で楽しいおしゃべりにのせてありました。
手も口もよく動き、シックなスワッグとリースとそれぞれ好きなものを
作らせていただきました。

オレゴンのヒバやモミの木たくさんの緑に囲まれいい香りに浄化されました。
いい色合いのアジサイが緑の中の素敵なアクセントになっています。
合うのですね。
f0137694_346335.jpg



スワッグを作った友達のもシックですごく素敵でした。
f0137694_3475846.jpg



始まる前からシャンパン明けてリース完成後は
美味しいローヤルミルクティの穏やかな時間。
f0137694_423290.jpg


葉山の非日常でリースの香りとともに癒されてきました。
# by akicosmosA | 2016-12-02 06:40 | 集い | Trackback
温かさの伝わる素敵なイラストを描かれるカレンダーに惹かれて来年2017年のカレンダーを
お願いしました。

f0137694_96582.jpg


どの月にもストーリーを感じる?または自分で想像したり愛らしい絵に
心もふんわり、暖炉のそばにいるように温かくなってしまいます。
f0137694_965515.jpg


実はここのところ雑用に追われバタバタしている毎日です。
時が過ぎて自分時間を楽しみたいなあなんて思いながら、はあ~~なんてため息ついたり

でも前からの約束が雪になっても午後のお茶タイムに
仏語仲間のこれぞ茅ヶ崎マダムのM邸に集まってのおしゃべり会ですっかり元気に
なりました。

f0137694_972327.jpg


失言オッケー、多少の辛口も何のその。
小気味よい会話はその根にあるやさしさに包まれながらの肩の力も抜けるほど
の良い時間になりました。
朝の雪?全然~♪
フローリスト178の子育て真っ最中のyさん。
いつもながらの素敵なマダムMさん。
分をしっかり持ち揺らぎない素敵すぎるマダムMキティ♪

私もまだまだねえ~^**がんばれそう♪

11月の雪の日  寒いけど温かい、暖かい午後のティータイムでした。
# by akicosmosA | 2016-11-28 17:19 | 嬉しい | Trackback | Comments(8)

アレクサンドルー3世橋
毎回必ず通りたくなる橋なんです。
アンバリッドからこの橋を渡りひたすら歩く夫婦です。
プチパレに寄ったり~~**
f0137694_82858.jpg


f0137694_85557.jpg


そしてここも何度も行きたくなる老舗デパートのボンマルシエ
といってもついつい行くのは食品館のほうなんですが・・・。
f0137694_829753.jpg


ちょっと休んで簡単にランチする?のボンマルシエ内のローズベーカリ。
f0137694_8295618.jpg


何種類から選びますがちょこちょこと食べている人を見てあれはこれ?
これはあれ?(笑う)
野菜のスープの量の多いこと!いろいろな野菜の漉したポタージュ風スープ
美味しかったんですよ。
ケーキもおいしいんです

こちらもデパート内の大きなフロワーのレストラン。

f0137694_8311138.jpg


観てくれば~^。ここで待ってるから。
お気に入りの食品売り場内のお魚屋さんのイートインではワインを頼んで店頭に
ある牡蠣やウニなど注文すると新鮮なものを口にできます。
一人で嬉しそうに私の自由時間をのんびり待ってます。
f0137694_8373921.jpg

いい夫ぶっていい思いをしてるんじゃない?(笑)

オデオン、サンジェルマンデュプレ界隈にて。
f0137694_8325590.jpg



やっぱりどこにいても見えるエッフェル塔はいつまでも
胸キュンしてしまうパリを感じるものの一つです。
f0137694_063050.jpg


街の風景
f0137694_8421943.jpg


ギャラリーラファイエットの屋上は気持ちよいです。
店内は素通りして屋上へ。あいにく曇り空でしたが、やっぱりパリの街が
見えて風も心地よくて・・・・。
f0137694_97362.jpg


滞在したホテルの前の映画館です。なぜかノスタルジーを感じさせます。
f0137694_8561949.jpg



何気ないカフェ、何気ない日 ぼんやり追われない時間を
過ごす幸せはカフェから~**

f0137694_8564825.jpg


ホテルも小さかったけど心地よかったです。
モンパルナス大通り--歩くたびに昔を想像してピカソさん、サルトルさん。ヘミングウエィさん。
こんにちわ~なんて心でつぶやく私・・・。

画像はきりがないのでこの辺で。

またねえ。フランス、パリ  

f0137694_913176.jpg

# by akicosmosA | 2016-11-23 01:01 | 巴里2016 | Trackback

バタバタ?のんびり?気力ない?とか言いながらあれもこれもが
多くて結局気持ちだけせかせかして・・。
でも夜はちょっとだけ一眠りして起きていろいろやろう~が
ありゃ!朝!

11月も半分過ぎてもうパリの話もねえ~**
でも覚書、まだ見てくださるかしら?

f0137694_8453257.jpg


やはり毎回1度は顔を出してしまうヴァンブの蚤の市

f0137694_8461994.jpg


家では断捨離に励んでいるからと買いません?
でもやはり一つ持ち帰りました。

ティーストレーナー
f0137694_8492094.jpg


銀?銀メッキ? 安く買う方法は覚えてもそれ以上の言葉が出てこない(汗)
でもすぐ気に入ってたったひとつでも充実した気持ち~**
今年は紅茶レッスンも始めましたし・・・。

あと1回くらい書いてしまうかも。2016 秋 PARIS
# by akicosmosA | 2016-11-18 07:57 | 巴里2016 | Trackback | Comments(10)

紅茶日和

我が家のゆず
今年は夏に木を切ってもらったらそのせい?実は大きいのですが
あまり実がなりません。それでも黄色くなってきて楽しめそうです。
f0137694_8383278.jpg


穏やかだったこの前の休日
シルバージンザイセンターからのいつものおじさんが
今年最後の庭の草取りをしてくれて狭い庭もすっきりとなりました。
f0137694_8391624.jpg


ちょうどいい日差しと気温の中で紅茶タイムを外でしちゃってみる(笑)
英国の家からお庭へと美しい花が咲く広い庭園の中談笑しながらなんて
憧れですが我が家では目をつむっても絵も浮かびません。
でも、そこは無理にでも想像の翼を広げて~~~**
f0137694_8402517.jpg


ちょっと前の本を読んでいたらロンドンのリッツホテルのアフタヌーンテイには
ティダンスの時間があると書いてあった。
ほんとうに?優雅ですねえ。さすが英国
でもまだあるのでしょうか?

友人から紅茶をいただきました。
紅茶についていたショップカードの文章に惹かれました。

*記憶に残るような出会いがあります。

世界中の人々が毎日のように飲み続けている紅茶
もしも気持ちを揺さぶり、記憶に残る紅茶に出会えたら
楽しい、嬉しい、愛おしい、そんな記憶を呼び覚ませてくれます。

誰もが感じる感情や感覚をインドの伝統的な舞踊や芸術では
NAVARASA(ナヴァラサ)=人間が持つ9つの感情といいます。


・・・・・・・・・。
いただいた紅茶のメーカーはNAVARASA

五感はわかりますが9つの感情~私にもあるなら怒はどうぞほどほどにでしょうか。

f0137694_18311398.jpg

# by akicosmosA | 2016-11-16 07:35 | 暮らし | Trackback | Comments(4)

遠き日々の写真集


2016 秋 パリのメモリー
もうすっかり木々の葉も黄色から茶に変わり落ち葉でいっぱいの初冬のパリでしょうか。

オデオンにある本屋さん。写真集が綺麗なままで安く買えるので行くと寄ります。

今回は写真集 MonAmour1930年くらいから1980年くらいまでの
PARIS人々の日々の様子をとらえた私の好きなシーンばかりの写真集です。

f0137694_23584989.jpg


f0137694_23591181.jpg


parisの猫の写真集は前に購入したものですが、愛すべき猫のしぐさや
猫とともに暮らす著名人の素顔も楽しいのです。
f0137694_23595169.jpg


グレコとマイルスディビスの恋愛は困難な中それでも続いたとか・・・。
BSのドキュメンタリーで知りました。
f0137694_005794.jpg

パリの1930年代、40年代、50年代、60年代 生き生きと暮らす人たち
街角、変わらぬ公園、場所。
写真が物語るものって文字より雄弁なのではないかしら。

なぜか過ぎてしまった時代の写真は大好きで故郷といえる横浜の昭和の写真集など
いまだに飽きず見ている私です。

もう11月9月末のパリがもう遠くに感じてちょっと寂しくなる私です。
# by akicosmosA | 2016-11-09 00:24 | 巴里2016 | Trackback | Comments(4)

黄昏の銀座 
f0137694_1313693.jpg


行きかう人達
f0137694_132185.jpg


周辺は少しづつ変わっても和光は堂々と時代を観ています。

この日は歌舞伎の梨園の妻が観た裏話。
シークレットにしましょうねなんて
大笑いしながらのランチと講演を楽しみました。

夕景の中皆それぞれ歩く4丁目の交差点
ソニービル日産ギャラリー新しい3階のカフェから見る夕景もなかなかでした。
11月も始まったと思いながら過ぎていく時間に妙に切なくなる黄昏の銀座
# by akicosmosA | 2016-11-06 13:11 | 外時間 | Trackback

秋の時間の中で

10月はオレンジ色~♪
そして11月は木々の葉が黄色に染まりラハラと落ち
晩秋から初冬へと変わり、なにげに夕暮れ時の家々の明かりに
ホッとしたりさみしさを感じたりしてしまう私です。
それでも11月は好きなんです。
12月の出番を心待ちにして過ぎていく11月
その地味のようにも思える11月の晩秋から初冬へ変わる自然の風景の中を
散歩するのが私にとっての11月の楽しみといえるでしょうか♪

そんな10月の半ばに今年2回目になるペレ信子先生のレッスンに伺いました。

大人色のオレンジのアレンジのテーブルセッティングに心弾む時間でした。
f0137694_98230.jpg



f0137694_8571726.jpg


9月に発売された先生のご本の題名にあるように
これなら楽々作れそうです?~のお料理がこの日も3品

その前にフランス美食史の後半の講義を1時間受け最後のデザートまで
秋の時間を学び楽しみました。

f0137694_992344.jpg


今日のおやつは私もこれにします。★
ペレ信子さんのご本 ご家族や、暮らしのこと、フランス人のこと
楽しいのでぜひ!

f0137694_9112492.jpg

# by akicosmosA | 2016-10-28 08:59 | ゆうゆう時間 | Trackback | Comments(10)
同じ角度からの画像ですが、あちこちお歩き回って夕方ホテルへ着く前の
交差点にあるカフェで休憩します。


f0137694_125602.jpg



f0137694_12562994.jpg

4号線 Vavin 

滞在中毎日歩いた道でした。カフェで休みながら道行く人を見るのも
楽しいことでした。それぞれの暮らしがそれぞれにあり笑顔や苦い顔、
その見えない向こうに何があるのでしょうか。なんてボーとするのもいいでしょね。

美術館とその近くの子供たち



f0137694_13401374.jpg




ギュスターヴ・モロー パリ9区 個人の建物の中に併設した美術館でらせん階段が
狭いのですが素敵な建物でした。
絵は…見るだけで疲れてしまいましたがその近くのトリニテ教会が朽ちていましたが
素晴らしい建物でした。そのそばにいた子供たち 

f0137694_13472882.jpg

f0137694_13132940.jpg


疲れも消えていくような子供の顔に微笑んでしまいました。

街角でのパリの人々、何気ない風景、私はそんな街の日常にいつも心を惹かれています。
# by akicosmosA | 2016-10-22 13:29 | 巴里2016 | Trackback | Comments(6)

ゆっくりのんびり~* お茶いかが?      


by こすもす