パリ

滞在中はほとんどの日が曇、時折の雨、ちょっと肌寒く今までで初めて
青空の少ない日々になりました。

それでもシテのステンドグラスの美しいサント シャペルでの
クラッシックコンサートはヴァイオリン四重奏
心地よい時間になりました。

f0137694_4353478.jpg


帰りはサンミッシエルまでぶらぶら歩き~。

f0137694_4362654.jpg


雨のやんだあとのかすむノートルダム寺院を見たときはすっかり枯れている夫婦も
ちょっとはロマンチックな気持ちになったりして??(笑)
結局 サンジェルマンデユプレまで歩いてしまい疲れたふたりは
ぶつぶつ言いだしそうでさっさとメトロに飛び乗り帰りました。
タクシーでと言い出さなかった二人(ケチ?)
だってホテルまで近いんですもの。

夫婦二人のパリはなるべくトラブルのないように楽ちん旅が一番です。
いつものマイバスを使って古城めぐりをしてきました。
マイバス社
ロアール地方古城めぐり



朝早く集まり、夕方5時にはまた解散場所へと運んでくれます。

どのお城も生の装花が素晴らしいです。
f0137694_5125122.jpg


途中ランチがあるのですが思ったよりおいしくてデザートまですべて完食でした。
この画像はまた~**

テーブルが一緒だった若い方たちはそれぞれが一人旅でマイバスを利用して
あちこち行くようです。
普段は会社の用でとか独身のキャリアウーマンは私よりちょっと若いだけですが(失礼)
いつも気楽にやはり一人旅とか。
四国から来たジーン生地を使う会社でそれをファッション化して新たな展開を
している会社にお勤めの青年は素朴でも背も高くおしゃれで今回は好きにフランスを
歩きたいと・・・。
とにかくいい青年で途中私が急に気分が悪くなってバスで寝てからも夫にも
さりげなく優しく雨が降り出したら自分の傘を主人に差出し
さっと先に歩いて行ってしまうというなかなかの青年。
自分の父を感じてくれたのでしょうか?それともおじいちゃん?

誰とも真摯に丁寧に話す青年もちろん顔も整っていましたよ(へへ;;)
ほかの若い女性もさわやかでアクティブ。
話の内容もしっかりして気持ちよかったです。

この旅が終わればさようならかもしれませんが、その過ごしたつかのまの時間は
いつか思い出すときもあってほしいと思う私です。

滞在中は何度もカフェに行きますが夕暮れ時ホテルの近くのカフェで
ゆく人を眺めながらパリの記憶を刻むのも楽しい瞬間です。

f0137694_1226211.jpg

by akicosmosA | 2016-09-25 12:27

ゆっくりのんびり~* お茶いかが?      


by こすもす
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30