2008年 10月 28日 ( 2 )

本② そして映画

f0137694_18171785.jpg


駆け足で過ぎ行く秋に冬支度をしなければと思う毎日。(笑)



f0137694_18205229.jpg


*パリのおばあさんの物語*
          岸 恵子 訳

岸さんが翻訳はしないというご自分の原則を破りフランスで
子どもから大人まで読み継がれる絵本を翻訳しました。

イラストもちょっと憂いがあって素敵です。

子どもは居ても一人暮らしのおばあさん。
年老いた自分が戸惑う出来事を全部素敵な思いに変えて
日々を送るおばあさんに心が温まります。

毎日のなんでもない些細なことも年をとると出来なくなりますが
おばあさんのそんな日常の暮らしぶりが微笑ましくも切なく
もう先が見通せる年(はあ~)になった私の胸に刺さります。

薬を飲んだかも、病院に行く日も、メガネの場所も・・・・。

でもおばあさんはとても素敵!

  やりたいことがぜんぶできないなら、できることだけでも
  やっていくことだわ

  鏡をのぞいたおばあさん
  なんて美しいの!とつぶやきます
  たくさんの歴史を刻んできたしわ
  それはいとおしい *しわ。

おばあさんは思い出とともに生きています。
  楽しかった子ども達との日々
  甘い新婚生活。
 ユダヤ人であったためつらい苦しい秘密

おばあさんはもう一度若くなりたい?の問いに  *いいえ*
そのあとの言葉は宝石のようです。
私は何度もこの本を読み返します。

そして毎回胸に響いて涙が滲みます。
それは悲しいのでもなく嬉しいのでもなく・・・・。なんなのでしょう。

岸さんのあとがきがまた胸に響きます。

老いだけは平等にきます。そしてどこに生まれるかも選べません。

おばあさんの生きかたは心の持ちようでどうにでもなると
人生の指針にもなっています。

岸さんは問います
  老いの孤独をどう生きるか。

  愚痴っぽく自分勝手な頑固者になるのか
     感謝の気持ちで他人にも自分にも優しくなれるのか、
       そこが人間としての勝負どころです。

   ☆ ☆☆~**
まだまだと思っている老い・・・。
でも若くても日々をつまらないと後ろ向きに生きている世代全部を通して
人は生きていくものなのだから生きるならおばあさんのように・・・。と思います
この本を知らなかった私にとてもいい本なのでいかがと
貸してくれた友達に心から感謝です。

もちろんそばにおいておきたいので購入します♪

救い・・・岸さんは70代だと思いますが最後にまだまだ旅や冒険を夢見る~~と
そうです・・・・それなら私はまだ、まだが10回くらいつけてもいいですよねえ♪

素敵な岸さん☆  美しさはでんぐりかえろうとかないませんが
せめて気持ちだけは真似したいです。


映画

*容疑者Xの献身
f0137694_1961726.jpg


日曜の夕方・・ボーとしていたので夫と行ってみる?決まり(笑)

ストリーとラストは書かないほうがいいと思いますので
感じたことを少し・・・・。

天才数学者(堤真一)の愛の形これが見所でしょうか。

いつもならクールに事件を片付ける湯川先生の揺れ動く感情、苦悩つらさが
福山君のビジュアルのよさから(笑)ウ!と胸を締め付けます。

テレビドラマとは一味違う今回の映画・・観客動員数の多さが
うなづけるなかなかの内容でした。

堤さん演技うますぎ!福山君素敵すぎ!

横の席のカップル、前の席のカップル皆同じシーンで涙を拭いていたのが
印象的でした。この形の愛がちゃんと伝わってるんですねえ。
私も・・泣きました。

実は本当に見たい映画はいっぱいあるのですが観れていません(涙)



本も映画も心の浄化のいいお薬ですね。♪
by akicosmosA | 2008-10-28 19:16 | いろいろ | Comments(20)

*パパかいじゅう*  やじまえいこ著

f0137694_7595674.jpg


私のブログにも来て下さっている berry さんの作品です。
児童文学書ですが子どもからみた父親のDVを描いています。
題材は重いですが親の行動を見ている子どもの内面、思いが
痛いくらい伝わります。
表に出ないDV家庭は今どのくらいあるのでしょう。
受けるのは母親が多く見ている子ども達も最大の被害者です。

大人こそ読んでほしい作品です。
大手ネットで取り寄せられますのでぜひ一読を!

作家のberry さんは私より人生の大先輩ですが何にでも
精力的で観る視点も鋭い方です。

機会があってお会いしてお話もさせていただきましたが
とても素敵な方でした。

よろしかったら手にとってくださいませ。♪
by akicosmosA | 2008-10-28 08:30 | 読む 観る

ゆっくりのんびり~* お茶いかが?      


by こすもす