ゆうゆう時間 akicosmosa.exblog.jp

ゆっくりのんびり~* お茶いかが?      


by こすもす
プロフィールを見る
画像一覧

2017年 05月 30日 ( 1 )

映画 これは?

92歳のパリジェンヌ

邦題だけ観て92歳のおばあちゃまが元気に楽しく生きる日々?
なんて思い込みはすぐになくなる映画でした。
正直シリアスさに驚いた位でした。

f0137694_8513257.jpg


自分の誕生日に集まった家族たちの前で 主人公マドレーヌは「2ヵ月後に私は逝きます」と
宣言します。

数年前から書いている*ひとりでできなくなったことリスト*のできない項目が増え始めて
周囲に迷惑をかける前に自分で人生の幕引きをしたい・・尊厳死という選択をしたのです。

正常な生活を送れなくなり老いてただベットの上だけで生きていることへの虚無感への拒否
この映画ではマドレーヌが選ぶ尊厳死という選択をめぐって息子や娘、孫、それぞれのパートナーの
心模様がいろいろな形で描かれています。

ラストまで描かれる92歳のパリジェンヌの葛藤を理解できるか、尊厳死を家族は認めることができるのか。
親の気持ちに寄り添えるようになった娘のせつなさ・・。昔の素敵な母の姿が今と交差し
娘も母が選択したその日に送ることを決意する。

その日家族はそれぞれが母から離れた場所に居る
そして母マドレーヌは薬で自殺をするのです。

国によって尊厳死の捕らえ方も違うでしょうし子の思い、親の思いの形も違うので
なんとも言葉も出てきません。

唯一の救いはマドレーヌの若き日の姿が美しく楽しそうなことでした。

私の母もすでに居ませんが病院のベッドで癌と闘い苦痛と薬による錯乱など
母は大変で辛かったに違いない。
それでもいきていてくれることが嬉しかった。

自分のことで言えばあえての延命措置は私は要らないと思っている。

でも難しいですよね。

先日学生時代の友達と会ったとき、彼女は私は、毎日少しでも書くことが
あるのが嬉しいといっていた。
彼女は1行でも2行でも明日の予定や、今日の出来事を書くと元気が出るのよと・・。
映画も好きな彼女・・どんなこと書いているのかしら。

よかった!できないことリストではなくて~**
庭の草取り、散歩、友達や娘とのランチ・・まだまだたくさん私たちあるわねえとも。

映画を見る前でしたが彼女との会話が妙に温かく思い出されるのでした。



f0137694_8534728.jpg


外の紫陽花も蕾がいっぱいで梅雨の季節を待つばかり?
木々の緑も青々と雨続きはうんざりするときがあっても明るい長靴履けば
雨も楽し~♪
長靴無い;;  久方ぶりに買ってみようかな~**
by akicosmosA | 2017-05-30 20:30 | 観る映画、舞台 | Comments(8)