カテゴリ:思う( 83 )

初秋の感傷

本当に早い 夏から秋へ。
9月は8月を盛り返すように動いていました。
なんと今年も100日をきりましたね。
住み慣れた戸建ての家の庭の柚子を少しだけ切ってきました。
来年の柚子はもうないと思うとちょっとね。
でもちょっぴりの感傷を消すように楽しいレッスンの時間もあり、映画も観たり。
f0137694_10063204.jpg
初秋の覚書また綴りますね。
by akicosmosA | 2017-09-23 10:08 | 思う | Comments(2)

想い出はすみれ色

スミレの季節ですね。
下記の画像は数年前のものですが毎年この季節に1,2回はテーブルに載せ
ティータイムをしています。

f0137694_9145167.jpg


もう何回もこのティーセットのストリーは綴り続けていますので
またかー;;なんてお思いのいるかもしれませんね。
でも出すたびに気持ちがうれしくなるんですもの。しつこく書いちゃいますね。

もう50年前以上に夫の母が若かりしころ、駐在でイギリスにいたころ
まだ見ぬ未来の息子の嫁のために買い求めてくれた茶器セットなのです。
こんな私が嫁になりひぃえ!と隠したくなったかもかもしれませんが
息子と私は割れ鍋に綴じ蓋でちょうどよいと思ったのか
今では手元で私がもっとも愛する茶器になっているのです。
今は亡き夫の母も微笑んでくれているでしょうか?♪

今年はまだきちんと活躍がないのですが、待っててね。

f0137694_9361260.jpg

ちょっとうなづいて見えるカップたち(笑)
この画像は朝あわてて取ったのでブレブレですね。汗汗

べっぴん
今の朝どらで放送されているモデルはファミリですよね。

f0137694_9102789.jpg


ご他聞にもれず我が家にも残っていました。
姉妹できたワンピースも今では黄ばみ;;
何度捨てようかと思ったのに残しているなんて~。
今とは大違いのかわいさあふれる頃が懐かしいのかしら?へへ;;
f0137694_984324.jpg


4歳用と記してありますね。
もうさよならしましょうね。

冬から春へ。  すみれ色の季節。
本当に忙しい日々を送っていました。
もうすぐそれも終わりになるのでゆったりティータイムをしたいと思います。
by akicosmosA | 2017-02-19 10:08 | 思う | Comments(6)

今年の手帳

年明けからもう2月まであと10日ほどになってしまったのに今頃ですが
私の今年の手帳は Tonomarikoさんのこの手帳です。
ポップでパリの様々な画像のの切り取りがとても楽しいのです。

f0137694_1215396.jpg


1月から予定は書きこんでいてもちょっとした気持ちも添えたいと
想いながらも今年はまだ何も書き込んでいません。

f0137694_1223741.jpg


日々いろいろな感情は動き、目で、心で感じたことなども一言でも残したい。
そう思いながら予定を書き込み眺めるだけ。
前はあふれるくらい言葉が浮かんだのに心が停滞中なのかしら?

ずっと大昔、五感も感性もフレッシュだった頃(笑)
     あら!本当におお昔だわ。

あしながおじさん*という本が好きでずいぶん繰り返し読んだのですが
なぜでしょう?

主人公のジュディが学資と生活費を出してくれるおじさんに
自分の日々を手紙に書いて送るというのが条件だったのですが、
その彼女の綴る文章が愛らしく、賢明で、明るくて、とても素直で
まだ見ぬあしながおじさんを私まで想像して手紙を書いてみたいと
ジュディに成りすまして何通もの手紙を書いたからなんです。

それは出す当てのない手紙~**
だからこそ私の場合は心の中も素直に書けたような。

ジュディの結末はハッピーエンド!それもあしながおじさんは★
こんなうれしい結末は何度でも読みたくなりますよね。

そのころは自分の字の汚さも気づかずに、友達にも手紙を書いていたなあ。
字が上手になりたいなあと大人になって一言つぶやいたら
友達が*あなたの字じゃなくなるからそのままでいてね。*
そうかあ、へへなんてありがとう~**なんて思ったけど
単なる慰め?(笑)でもうれしく思った気持ちを素直に取ろう。

f0137694_6244565.jpg


まずは手帳に一言感想を書こう!
そしてたまには字を気にせずはがきを書こう!
by akicosmosA | 2017-01-22 06:31 | 思う | Comments(11)

優しい秋

パリからのウキウキ感も収まり季節はすっかり秋ですね。
それでもまだ夏のような気温に汗をかいたり〜。
更け行く秋を満喫する前に晩秋へ移行してしまいそうですね。
f0137694_01571617.jpg
10月の私の誕生月
優しくて温かい陽だまりのような時間をたくさん頂きました。






f0137694_751956.jpg


湘南に住んでずいぶん長い時間が経ちました。
そこから始まった友人たちの素敵なご縁もブログで始まった奇跡的なご縁も
いまなお優しく静かに温かく私を包んでくれる日々です。
歳を重ねるたび感じる思いはより深く何気ない日々のありがたさを
四季折々感じることのできる喜びをいつも感謝できる自分でいたいとおもったり・・・。

秋・・・食べるも想うも遊ぶもいいですねえ。(いつもでしょう!)なんて声もありますが(笑)

f0137694_8423743.jpg




人生の扉 竹内マリア
I say it's fine to be 60
You say it's alright to be 70
And they say still good to be 80
But I'll maybe live over 90

私は言うの、「六十歳になるのもいいんじゃない」
あなたは言うの、「七十歳になるのも悪くはないわ」
そしてみんなは言うわ、「80歳だってまだまだ大丈夫よ」
でも、私は90歳過ぎまで生きると思うわ

秋の誕生日になるとなぜか思い出す歌であり歌詞なんです。
by akicosmosA | 2016-10-21 07:33 | 思う | Comments(4)
f0137694_7394359.jpg


SMAP解散報道の後、案外早く届いたファンクラブのお知らせ葉書!~え!
薄い、ペラペラ、最悪なDMより安価な仕上げの葉書に誰もが驚きました。
          (あ!ファンだけかな)
smap28年の業績に対するファンへのお知らせ葉書がこれ?
この薄い葉書の透けて見える向こうにうっすぺらで古すぎる世界が
よく見えちゃいました。
少し待たせてもsmapにもファンにも礼節ある対応ってなかったのかしら?
一応会費返金があるのね~。
    それも悲しいけど。  存続希望者としては・・・。

そしてまた葉書のあとすぐに届いたファンクラブ通信 
年4回届くのですが解散発表前に出来上がっていたファン会報でした。
こちらも薄い!ぺらぺら
出せばいいなんて言う中身のないうすぺらぺらの会報でこれまたびっくり・・。
この会報だって没にしてでももう少し敬意を表した会報にできなかったのかなあ?

あああ~見える、見える会報の薄さの向こうにペラペラの○○事務所が。

f0137694_7401358.jpg


あまりにもひどい会報に少しデコレーションしてしまいました。

これからも一人一人がNO1。
オンリーワン

終わり方の礼節をどなたか教えに行ってほしいものです。

そして先日久方ぶりにお会いした柔軟な心でいつも私を応援してくれる
whiteさん
lilyさん。
てぶくろさん。

いつになく熱く暑苦しく語る私の話しを偏見なく聞いてくださり
感謝です。
whiteさんの記事は感涙でございます。

夜空のムコウ 泣けちゃいます。
by akicosmosA | 2016-08-24 07:43 | 思う | Comments(8)

SMAP  オレンジ

f0137694_8383030.jpg


スマップの名曲にオレンジという曲があります。
恋人同士の別れの名曲は今もスマップの好まれる曲の上位にランキングされています。
ファンならずとも誰もがせっなく胸を打つ歌詞とメロディにライブでも必ず歌われる曲です。
残念ながらシングルカットをされていずアルバムでしか聴けません。

昔の映像ですがユーチューブから探しました。



小さな肩に背負い込んだ僕らの未来は
ちょうど今日の夕日のように揺れてたのかなぁ。

イタズラな天気雨がバスを追い越して
オレンジの粒が街に輝いている

遠回りをした自転車の帰り道
背中にあたたかな鼓動を感じてた

「さよなら。」と言えば君の傷も少しは癒えるだろう?
「あいたいよ…。」と泣いた声が今も胸に響いている

不器用すぎる二人も季節を越えれば
まだ見ぬ幸せな日に巡り逢うかなぁ。

なんとなく距離を保てずにはにかんでは
歯がゆい旅路の途中で寝転んだね

「さよなら。」と言えば君の傷も少しは癒えるだろう?
「あいたいよ…。」と泣いた声が今も胸に響いている

人波の中でいつの日か偶然に
出会えることがあるのならその日まで…

「さよなら。」僕を今日まで支え続けてくれたひと
「さよなら。」今でも誰よりたいせつだと想えるひと

そして
何より二人がここで共に過ごしたこの日々を
となりに居てくれたことを僕は忘れはしないだろう

「さよなら。」消えないように…
ずっと色褪せぬように…
「ありがとう。」

甘いオレンジがとてもすっぱく苦いオレンジになってしまいました。
さよならには また明日ね~、またこんどねえ~とかつけたいですよね。

さよならの言葉がとてもつらい夏・・・・・。
by akicosmosA | 2016-08-17 08:51 | 思う | Comments(0)

お花は心の栄養剤


florist 178

若い友人のお花屋さん
    今日は営業してるかな?
       近いし行ってみようかな?

f0137694_1584933.jpg


笑顔でBonjour♪
かわいいwちゃんが挨拶してくれました。

赤ちゃんからもうこんなに大きくなって♪


どこかの花の雑誌の表紙みたいでしょう~~**?♪

f0137694_159523.jpg


歯の痛みの前からなんとなくの不定愁訴?
なんが?なんで?答えの見つからないもやもや病に取りつかれてた?
そんな時はお花でしょう♪

急にyさんに会いたくなりお花も選んでもらおうと思い立ちました。
でも営業日は週2回とか言ったかしら?

行こうと!
オープンしてました。
うれしいことにyさんをサポートしているお母さまにもお会いできて~♪

花をお願いする前にお母さまと立ち話
実はねえ…のお互いの話しは健康のことになり
お母さまも1週間も寝込んでいてその話はとても共感を覚えるもので

*寝ていると悪いものが抜けて体に良いエネルギーが
入り込んでくるのがすごくよくわかったのよ*

休むことの大切さや日々の暮らしから少し離れた一人の時間はいろいろ見つめられて
それもたまにはいいことねとうなづきあうことばかり。

つい許容量を忘れて心身に負担を感じることも増えた?・・・これは私。
同い年のyさんのお母さまは本当に感じあえるものが多いです。
じっくりもゆっくりも座ってお話ししたこともないのですが
お会いするとほっとさせてくださるのです。
お花に囲まれているからでしょうか。

かわいいアシスタントのwちゃんに見つめられて
yさんがこんな癒される花を用意してくれました。

シャリーベイピーというちょっと波打つ優しい小さな花がいっぱいの蘭なんです。

f0137694_241392.jpg


f0137694_242743.jpg


家に持ち帰って飾りました。 なぜか落ち着くシャリーベイピーです。

 * wちゃん帰るときのAu revoir 素敵だったよ。発音いいねえ。
by akicosmosA | 2016-06-25 06:36 | 思う | Comments(0)

こんな時も~あるけど~

いつもの窓辺から感じる四季折々の光や色たち。
  外からの画像

f0137694_7223725.jpg


自分の心模様ですごくたまに(笑)色を感じないときもあったりして?
前回のNHK朝ドラの主題歌に人生は紙飛行機~♪なんてありましたね。
歌詞は違うけど低空飛行の日も青空を高く飛んでいるような日も~

f0137694_982684.jpg


ちょっと低空飛行の日 
「お庭のカラーです。
 球根で植えたら大きく咲いてくれたので・・・♪」

私にくださるためにきれいな色の薄紙とキュートなリボンで
包んでくださった気持ちがうれしくてすぐに高度を高くした紙飛行機(笑)
カラーは好きな花なんです。
何気ない、さりげない白のカラーはずっと気持ちを柔らかくしてくれています。


Tige Paris kumi kanemoto

f0137694_1719567.jpg


f0137694_7212119.jpg


そしてパリからの久美先生によるレッスンは難しいですが何とか作り上げた時の
達成感はこれも高度高く飛ぶ紙飛行機♪

今の季節は新緑の緑とともにパニエのアレンジも映えますね。

f0137694_744576.jpg


娘がくれた母の日のアレンジの元気な花ともう終わりの我が家のバラと
併せて飾ると一気に気分も上がり優しい笑みなんかも浮かんで~。
そばの夫・・ぎょ!

折々に口福になったスイーツ達・・。
すっかり遠い時間になった画像もありますが眺めても幸せ♪
f0137694_7243131.jpg


f0137694_7254360.jpg


f0137694_7245215.jpg


f0137694_7414992.jpg


案外助けられています。

f0137694_8261589.jpg


そしてどんな時ものんびりこうねと言ってくれる?わんこのノエル。
夫の心模様はいつもノエルのおかげで紙飛行機の高度高そう!!

私よりずっと年上の素敵な女性たちのいぶし銀のような生き方の共通点は

見かけの若さなんて気にしない。
年齢より、世代より 人格でしょう。
身の回りに起こることはすべて自己責任だと覚悟してるわ。

だそうです。
by akicosmosA | 2016-05-22 17:38 | 思う | Comments(4)

拝啓、昔の君へ  春

f0137694_8335984.jpg


3月.あちこちで合格発表の悲喜こもごもがあるようですが、
ずっと心配し続けていた夫の会社の事務の人のお嬢さんも
嬉しい15の春を無事迎えることが出来た。

大喜びの後、決まれば決まったで、もう大学のための塾の心配を始めて
いて、まるでわが家とは違う親のあり方にいまの時代だからとは思えない私は
やれやれとため息つきそうになってしまうのです。

せめて1年位遊べばいいのにね〜はふるいかな?
娘達は共に中高一貫の私立でしたが、大学受験の指導を厳しくする学校でもありませんでした。
でも、私はそれが好きでした。
大学へ行きたい、やりたい、学びたいと思えば自ら頑張ろうと思うだろくらいの我が家

大学4年間で模索しながら見つけた道もあらら?そっちへ?なんてびっくりぽんもありましたが
その娘達も今やいい年になりまして、まあ、幸せそうだからいいかあ〜てなぐあいです。

今の15の春の皆様、むかし15の春を通り過ぎた私へ、
この季節は毎年のように、アンジェラアキさんの拝啓 手紙 15の君へが心にしみます。

♪人生の全てに意味があるから 恐れずにあなたの夢を育てて♪
Keep on believing

拝啓 この手紙を読んでいるあなたが今
しあわせでありますように。



昔!15だった君へ
いまの私は?欲はあるけど追いかけても儚きことと手にできるものとの
区別は付くようになりました。
叶わなかった初恋を埋めるように今も、青春映画や切ない恋のドラマが大好きな私。
もう気持ち悪る!なんと言われそうだからそっと観てますけどね。

そんな自分もいいと思ってる変なうん十才に成りました。
それでもそれでも、、、、、。

はい、私なりの幸せを感じて生きています。
15の私へ。 2016 3.4


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~★


3月日3日のひな祭り 鎌倉ケイティスタイル
フラワーアレンジレッスンをでした。
2月に受けて早、3月のレッスン、毎日が早すぎます。

f0137694_901046.jpg



2月もおいしいものを食べ、元気な私~。3月もゆるゆると~~。
f0137694_171237100.jpg

by akicosmosA | 2016-03-04 17:18 | 思う | Comments(8)

夕暮れのお茶は~**

f0137694_2582847.jpg



たとえば、眠っていた樹々の端が
柔らかに染まり初めた春の夕暮れに

あるいはさみどり色の木の葉を抜けた風が
ゆるやかに頬をなでてゆく初夏の宵

あるいはまた装丁麗しき重たい書物のページを、
ひとつ、ひとつ、くくりたくなる秋のゆうさりに

露臺の椅子に凭れ 落ちかけた日や白い月を
遠くに見やりつつ卓布の上には烟たつ一杯の紅茶・・・・・・。


         紅茶と露臺と夕暮れと  奥野響子著より。

この言葉の美しさと表現に心惹かれました。

私が一日でほっとするのも夕暮れ 外から家に入り、洗濯物を入れながら
ベランダの上に広がる暮れていく空を眺め階下降り、いつもどおりのことをする。
ほとんどが珈琲ですがカップ片手に、音も消えたままの空間でボーっとする
電気をつける時間も遅くなり、何も考えない、何もしないそのつかの間の時間に
気持が満たされてくるのです。

満たされるもの・・・・・?
時には言い知れぬ寂しさだったり、楽しかった時間の余韻だったり・・・。
毎週見てるドラマの切ない恋の行方にため息つくときだったり・・・。
取り留めもなく心によぎる気持たち。
そんなもろもろの感情がボーとしている間に私を満たしてくれるものたちといえるでしょうか。

そしてなぜかいつの間にか安心してソファで寝てしまうのです。
でも1時間位ですけど。 ご心配なく~**
夕飯作りますよお~~**


紅茶のレッスン始めました。
美味しい紅茶の入れ方を習ったあとご近所友達に丁寧に淹れてお出ししました。
f0137694_2594952.jpg


f0137694_362126.jpg


この季節になるとこのティーセットでのおもてなし。
夫の母からもらったすみれのティーセット。
 ( 義母が未来の息子のお嫁さんにとイギリスで購入して嫁になった私に
  くれた大切なものなのです。  もう40年はとっくに過ぎてしまったわ。)

昔も一度紅茶の教室に行ったことはあるのですが
今、のほうがずっと身につきそうです。
ポットはひび割れができ・・・もうすぐ金継ぎに出すつもりです。
f0137694_364024.jpg

by akicosmosA | 2016-02-17 06:30 | 思う | Comments(14)

ゆっくりのんびり~* お茶いかが?      


by こすもす
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31