<   2010年 02月 ( 18 )   > この月の画像一覧

春の足音

f0137694_22243678.jpg

f0137694_2225139.jpg
f0137694_22263410.jpg


もう明日で三月弥生・・・。
ようやく出したお雛様
前に片づけたときに大慌てで仕舞いなんとお内裏様のかぶり物など
小物が見つかりません。;;

まあいいかあ♪

f0137694_22402314.jpg
f0137694_22411834.jpg

f0137694_2242422.jpg


屏風はちょっと小さいけど先日の京都で買ったもの★
この屏風絵は桃の節句の情景です。

旧暦三月三日となれば春たけなわ、お座敷には美しい雛人形が飾られ
家人も客人も節句を楽しみ、桜花爛漫に庭先では
わらべたちが闘鶏や鞠つきに余念がない。
屏風の下のほうの絵は雛市の繁盛ぶりで美しい雛人形や蒔絵、金銀箔の
調度品が多種多様に陳列されている図が描かれています。

もう古くなりましたがやはり愛着のある雛人形です。
もう面倒だなあと思いましたが出してよかった。

     ***** ***** ******♪

Cath Kidston
キャス・キッドソンの世界
f0137694_22521635.jpg

f0137694_2255669.jpg


友達がこの素敵な世界を翻訳した本が出ました。
お裁縫好きな方たちのために届けられたとっておきのコレクションの数々
  「 SEW!」
バッグ、クッション、キルト、エプロンetc♪
キャス・キッドソンの人気のプリントで簡単に作れるように
デザインされたものばかり・・・。
表紙にある花柄バッグの材料がすべて付録になっていて見ているだけでも
楽しくなります。
私にもできそうだけど??長女がいろいろ作ってみたいとかで
出来上がりが楽しみです。

キャス・キッドソンの花柄って明るくていつも春爛漫って感じですよね。
先日のランチ会でプレゼントしていただいちゃいましたが
この本は可愛いので裁縫好きな友達に今度は私が贈りたいと思います。

翻訳している友人は知的で本当に少女のような可愛らしさを
失わない素敵な感性の持ち主・・そんな彼女の翻訳本
キャス・キッドソンの世界 Sew!
ほしいなあなんて思われる方こちらで買えますのでよろしくね。~**


三月  寒さは残っても春ですね。♪
卒業・・この言葉のちょっぴりさみしい響き
               新しい期待とわくわく感

それぞれの三月・・みなさんの心が桜満開だといいですね。
by akicosmosA | 2010-02-28 23:19 | 嬉しい | Comments(47)
横浜駅 ホテル  高校のクラス会 2/20
f0137694_8185595.jpg

茅ヶ崎  お稽古のお友達  2/23
f0137694_8125943.jpg

湘南鵠沼海岸  華の会  2/24
f0137694_8173262.jpg


先週の土曜日から1月にはほとんどなかった友達との約束が
目白押しで嬉しい、幸せ、美味しいをたくさん味わいました。
夫には悪くて言えない(爆)・・あは;;もちろん知ってますが
何を食べたかは極力言わない;;(爆)

そんなこんなでの集いは同じ世代の友達ばかりで
なんとなく話の内容は共通することが多かったのですが
やはりクラス会より大人になって知り合えた友達のほうが
共感する部分や、話題も密接で私的にはより楽しく思えた時間でした。

横浜駅高島屋に隣接するホテルのレストランでのハマッコ集合のクラス会。
気ごころの知れた?10人くらいが5年か7年ごとに集まる限定の集いですが
実は私この10人とはなんの思い出も残っていないのです。
でも毎回声をかけてくれて私との思いでさえ語ってくれます。
ありがたいと思うと同時に私ってなんて人!なんて奴!と自分自身で思います。(大汗)

それでも時間が経つにつれ名前がなかなか出てこなくても
居心地は良くなってなんと2次会までいく私でした。
そして美味しいを楽しんできました。
f0137694_834402.jpg


実はすごく仲の良いグループがあって高校生活の3年間ほぼその仲間としか
行動してなかったからこのクラス会メンバーとの思い出がない?なんて・・・。(笑)
このグループはクラスが全員別でしたがいまだに何カ月に1回は合う仲です
実は今日も2か月ぶりに(早!)お食事とランチを楽しんできました。♪

私は付き合いだすとどの友達とも長くて消滅するということはほとんどありません。
多分私のようなマイペースのお気楽はほっておけないとみなさん寛容に優しく
受け留めていてくれるからでしょうね。

本当にありがたいと思っています。(心からです★)


                  
f0137694_1821114.gif


茅ヶ崎散策とランチとおしゃべり♪
2番目の画像にある フレンチ ヒロタニさんへ
前のお花のときからの仲良しのお友達とこの日も春いっぱいを感じながら
久しぶりのおしゃべりとランチ会でした。

f0137694_18271518.jpg

f0137694_1828120.jpg

f0137694_18284668.jpg


メインはお魚もたべたい、お肉も食べたいなんていう方には
ハーフ&ハーフで両方少しずつ出してくださいます。

こちらは茅ヶ崎東海岸5丁目の海に向かう道にある小じんまりした
かわいいレストランです。

この仲間も本当に年が分からないくらい若々しく躍動的で
自分の世界を楽しむ脳力の高い人たちです。
でも気負いもなく、自然体でゆるぎのない柔軟な心の持ち主なので
柔らかく、でもいつも的確なお話に素敵な刺激をいただいています。
それにB型多し・・・お互い自分のことがわりと好きかもメンバーです。(笑)
この日はここのところ骨折やひびでお気の毒なTさんを除いて
4人の集いでしたが画像のように私たちがお店を
出たとたんお店にCLOSED・・・長居したようです。(爆)

かわいいもの好きな私たち・・雑貨のお店を覗いたりアンテーク雑貨を
観たり楽しい茅ヶ崎散策でした。


       
f0137694_18461364.gif


そして次女の中高からのお友達母だけの会・・華の会★
次女の高校の卒業式のあとのお食事会で訪れた思い出のレストラン
鵠沼三笠会館・・・。
伝統の老舗レストランのお料理・・・裏切りませんでした。
最近湘南にはこういうレストランがここしかないので
いつまでも続いてほしい良質のお店です。

f0137694_18542937.jpg

f0137694_1855043.jpg
f0137694_18554639.jpg


この日も春のような暖かさで海も波光がきらめく気持のよい日でした。
あれもこれものdaisyさんも一緒です。
素敵な記事なので読んでくださいね。

お付き合いは長いけどべたべたせずこちらもまた自分の
世界をそれぞれが持ち集いのときに楽しいお話が飛び交います。
それでも話す内容はあの若かったころとは違ってきています。
新しいことに常にチャレンジするカトレヤさん。
私たちまだまだねえといつも思わせてくれる刺激は
年かな?の気持ちを吹き飛ばしてくれます。

そんなこんなの嬉しい何日間を過ごしました。
風邪でぐすぐすしていた気持ちも吹き飛んで今日なんてすごく元気です(笑)

もちろんあいている日はいえ、お仕事の日はフィギュアを観ながらも
ちゃんとお仕事もしてたんですよ:;;
      (言い訳がましい?)

人生長く生きているといろいろな出会いが重なって私の今を
豊かにしてくれます。
リアル友達にも、ブログで出会った素敵な友達にも
誠実に、真摯に・・これだけは守ってありのままに等身大で
いけたらなあと思います。

でもよく食べてる;;
大丈夫・・夜・・少なくしてます;;
by akicosmosA | 2010-02-27 08:48 | 集い | Comments(6)
京都最終日
一日目に案内をしてくれた友達から
今日のお昼は家で一緒にいかが?と前夜電話があり
ひとつ返事で行きます!(風邪大丈夫みたい)

ただ今日は錦市場にも何か買いに行きたいしお土産も買いたいし
お昼をいただいたらお暇するわねと先に告げておきました。
彼女お話ししだすと止まらない(笑)・・あ!私もかな;;

京都御苑と書いてありますが京都の方は御所と呼んでいました。
f0137694_125332.jpg


この御所の前にある塀と竹?笹?で覆われた豪華マンションが
今は一人で住んでいる友達の自宅です。
京の町に溶け込んだマンションじゃないような外回り★
3年前に買い替えたおうち・・お宅訪問大好きだから嬉しくてわくわく
弾む心で行きました。

f0137694_1261115.jpg

f0137694_126388.jpg

f0137694_1271149.jpg

毎日楽しいこととお稽古で忙しい彼女・・・。
和久傳さんの  お弁当予約しておいたので美味しいしこれでごめんねえ;;と彼女

目にも綺麗、お味もすごく美味しくてびっくり!お野菜の上品さ!
美味しい!!木箱入りでした。
美味しいお酒、ワインもどうぞいっぱい飲んでねえの彼女の言葉に
夫はもうこれだけでも嬉しそう♪

家の中も和モダンで上等なお品ばかり。
f0137694_1523568.jpg

f0137694_1543310.jpg

作家ものがさりげなく並ぶ居間・・・私なんてわあ!素敵、わあーステキばかり
他に言葉ないのか!なんて自分で可笑しくなっちゃいました。

写真をぱちぱち撮る私になんだか可笑しい人ねえなんて笑っていましたが
ブログに載せちゃうのなんて言ったら
一言*そんなもんようせんわ・・だってガク;;

宮中の御用を勤めていた虎屋は京都の御所近くが創業の地。
彼女の家のそばなのでお菓子も用意してくれました。
お抹茶とともにいただきましたがなんか優雅な時間。

f0137694_211647.jpg


このマンションの御所に面する居間には
ベランダはなく窓もすべて障子になっています。

*名古屋のお宅はご主人とともに過ごしていたヨーロッパ調の
家具とインテリアでしたが今はもうザ京都という感じ。
あの時の素晴らしい調度品はなし。
どこへ===?
住む環境、家によってすべてを代えちゃうなんてうらやましい;;
生活感ないなあ・・。憧れ~**

食べたり飲んだり彼女の空いた時間を埋めるようなおしゃべりに
時間が過ぎるのも忘れ気が付いたら4時半
わあ!大変帰らなきゃ!もうどこにも寄れないかも・・・・;;

それでもコーヒーもしっかり飲み荷物だけ預けてある
ホテルへ名残惜しく送ってもらいました。

考えたら3日間の京都のうち2日間彼女と一緒だったことになりました。
旧交を温める旅?
まあ、そんな旅もいいかなあ。

彼女とは夫の転勤先の名古屋の幼稚園で出会ったママともなんです。
我が家の長女、彼女の長男が同じでした。
彼女のご主人は学者さん。
家も前ということで家族ぐるみのお付き合いでした。
他の友達家族も交え密なる2年間を過ごし
それぞれまた東京へ京都へと戻ったのです。

あれから30年以上たったのですねえ。

時間が空いても会えば夫でさえもすぐ打ち解けられる彼女です。
裏表のないこの友は喜怒哀楽を体いっぱいでしめします。
今回も彼女の止まらないおしゃべりを一生懸命受け止めていたら
楽しいけど正直疲れ果て熱が出てしまったというわけです。(笑)

人。人。・・・彼女との出会いも転勤があったから・・・。

人生の出会いは本当に素晴らしいものですね。
今度いつ逢うかまだわかりませんが、今回京都で会った方たちとも
なにげに繋がるといいなあなんて思っています。
忘れられないうちに行かなきゃね★

決まった予定はどんどん変わっても自由に気ままに
たった3日間の京都でしたが心は大きな目に見えないもので
いっぱいになりました。

読んでくださってありがとう♪
by akicosmosA | 2010-02-25 01:08 | 京都

京都はやさしい♪

京都の続きです。

清水の舞台に立ち京都を眺め寒くなるので五条坂を下る。

寒いしちょっと休憩したいとお店を探しながら歩いていたのですが
もうここでいいわ*という私よりどうせ飲むならもう少しいい感じのところを
探そうよ*という夫がここ!といったお店が
和モダンな素敵なティールームでじつは大当たりだったのです

Oggi
f0137694_0134457.jpg


f0137694_0125233.jpg


お店は息子さんが経営していますが接客は呉服屋さんを営まれるお父様が
夕方からしています。
たまたまラッキーで閉店前のひと時このお父様が私たちに
邪魔にならずでも好意的にさりげなくいろいろ京都を教えて下さいました。

店内はもう日本には一台というアンテークのレジスター、フランスの古いテーブル
珍しい時計など重厚感あふれるものが飾るのではなく普通に使われています。
でも仰々しくなくスタイリシュで重くなくいい感じでした。

ご自宅の2階から龍馬の御墓が見えるということと大河ドラマの影響で
聞かれる前に作って置いたという龍馬の写真などさりげなく見せてくれましたが
ちょっとだけ可笑しかった♪

八坂の塔はこのご主人の幼馴染のところ、ねねの道から歩いて行くと石塀小路
この小路の洩らしちゃいけないお話・・。(笑)
地元で育ったご主人の有名人物語・・そのスターさん!そうですか!!!
ふふふ楽しかった♪
そして夫がどこか美味しいお店教えてくれませんか?と切り出すと
京都へ来て何食べはりましたか?とご主人

京うどんにおばんざい料理に湯豆腐ですと答えると
では今夜は料亭で○○どうですか?とご主人。
ええ!京都で○○ですか!と私たち。(笑)

元滋賀銀行頭取邸を買い取ったこの先々代が開いた料亭なので
雰囲気もいいですしなかなかですよ・・。
最初に食事の後は2階でといってみてください。ここがみそ★

建仁寺方面へ向かう道のすぐにあるお店ですが
見逃してしまいそうだし知らなければなんだか非常に入りにくい;;
第一敷居が高そうで多分紹介されなければいくこともなかったかも・・・。

鹿六
f0137694_054434.jpg


実は今は炭火焼き(高級焼肉屋さん)
f0137694_0563875.jpg

畳のお部屋に通されましたがいい感じ♪

Oggiのご主人のお名前を出すと後から髪をきりりと結った女将さんが
挨拶に来てくれました。
この料亭の推移・・祇園のお話。
バブルが終わって料亭を炭火焼きに変えるときご贔屓さんに
頭を下げて回ったこと。
元の持ち主のこの大きなお屋敷のお話。
押し付けることなく真摯なお話をしてくれる女将さんに
ヒャー私たちどうしましょう;;でした。

f0137694_134669.jpg

ちょっと上品な焼肉コースでお肉がすごく柔らかくて美味しい!
古い町屋なのに匂いがこもらず換気がよく
普通の焼き肉屋さんとはまったく違いました(笑)

デザートは2階で!を私が言う前に私たちを担当して下さった
方がお2階でゆっくりなさってくださいませと案内してくれました。

f0137694_1155449.jpg

f0137694_1163842.jpg


まあ二人だけの世界(爆)
階下とは違ったモダンな空間は広々ですが温かいぬくもりを
感じる居心地のよい場所♪
運ばれた珈琲とシャーベットでゆったり・・普段弾まない会話も
なんとなく弾むような感じ?かな(笑)

京都の夜ですなあ(爆)

これもすべて五条坂で出会ったOggiのご主人のおかげ。
なんと行くかもしれないとちゃんとお電話してくれていたのです。
後からこのお店に来たカップルには女将さん挨拶に行ってなかったから
私たちやはりご紹介があったからこそなのねえ・・とまた素直に感激。

私たち夫婦はごちゃごちゃ考えず素直にそのとうりに受け取ってしまうので
感激することが多くて今回もいい出会いがあってよかったわねえ・・と。
一期一会・・茶道から由来するこの言葉に
大切な言葉と心に深く刻まれた夜でした。

次の日Oggiにお電話して心からお礼を言いました。

余談・・このときすでに風邪のひき始めのせいか寒くて寒くて;;
タクシー呼んででもらおうね・・バスで帰る?
夫・・馬鹿!こんなところからしょぼしょぼ帰るなんてみっともないだろう
ははは;;;そのとうり・・普段の暮らしがついつい出ちゃうねえ。

というわけで女将さん、板前さんに送られながらタクシーで
ピューとホテルに帰ったのでした。

いい夜だったわねえ。と言いながらぶるぶる震え寒いを連発して
眠りについた京都最後の夜でした。


最後の日・・もう一回あります;;
by akicosmosA | 2010-02-23 23:59 | 京都 | Comments(18)
f0137694_23155922.jpg


先週の水曜日はお花のアレンジレッスンの日でした。

今回はお雛様に関連するアレンジでした。
みなさん先生の言うことは最後までよく聞き・・・・・ません(爆)
特に私はいつもどんどん進んで お友達から小学生の生徒に言うように
「○○ちゃん。先生のお話は最後まで聞きましょうね」と言われたりして;;
でも今回はそのお友達もでしたから今度は
私が「Y子ちゃんお話は最後まで聞きましょうね。」なんて言ったので
みんな大笑いでした。

このお仲間はみなアレンジ経験が長いので手も早く
アラもう出来上がりと先生がいつもびっくりなさいます。

そしてお口も八丁♪みなさんおしゃれでお話も豊かです

今日の花材です。
f0137694_2321090.jpg


お若い先生の新鮮なアドバイスをきちんと聞いています。♪

f0137694_23164967.jpg
f0137694_23182825.jpg

丁寧に最後まできちんとアレンジなさるハニーさん*↑

いつも場所を提供して下さるY邸は寒さもよそへ♪
かわいい春があちこちにありました。
f0137694_2320184.jpg

上記の中に素敵なお嬢さんのお写真がありますが
成人式のアルバムの中の一枚です。
もう美しくて華やかでご本人もお着物も素晴らしくて
みなため息でした。
ハニーお母様もお綺麗ですがお嬢様も美しい♪
この日のアレンジは春爛漫でした。

ご一緒したY子さんが私にも二十歳あったのがウソみたいなんて言うので
なんだか可笑しくなりました。

この日のお茶時間も美味しい時間
f0137694_23451391.jpg

Yさんのお手製和風ロールケーキとハニーさんの洋酒漬のお手製パウンドケーキ
Sさんのクッキーでした。
レッスンの時間よりお茶時間のほうが長いこのグループですが
いろいろな世界を持っているのでどのお話もあっちへこっちへ飛びながら
学ぶことも大きいです。

この日も寒い日でしたが、心は春・・・みなさんありがとう。


  *
京都は明日に♪

More 家でほっこりティータイム
by akicosmosA | 2010-02-21 23:57 | | Comments(24)
  祝舞遊行

旧暦 中国のお正月祝っての横浜中華街21日 日曜のイベントは
祝舞遊行 華やかな皇帝衣装や民族衣装をまとった人々や
勇壮な獅子や龍が舞いながら街を練り歩く人気の高い春節パレードです。

今日はのんびりして京都旅行を書き上げようとの思いも
このイベントを観に中華街へ行こうよ・・とのお祭り大好き夫の一声で
落ち着きのないB型夫婦はそく車でGO!!(爆)
うちの簡単散歩は横浜もエリアなんです・・(笑)

f0137694_22113748.jpg

f0137694_2201159.jpg

f0137694_2204352.jpg

f0137694_2213033.jpg

f0137694_22121089.jpg

f0137694_22131574.jpg


爆竹と中国の音楽が鳴り響き祝いのお祭りを盛りたてます。
f0137694_2216511.jpg

頑張ったのは横浜中華学校 校友会国術団・・拍手♪

ちゃんと見たのは本当に久々でしたが楽しいものですね。
f0137694_22215093.jpg


そのあと遅いお昼を簡単に食べ・・ノエルとお散歩しながら夕闇になった街を
後にして我が家へと帰ったちょっと弾んだ気持の日曜でした。

京都も書きます♪

More  ここからは 余談です馬さん? 
by akicosmosA | 2010-02-21 22:31 | 外時間

京都いい時間

f0137694_3585019.jpg


2日目の京都は夫とふたりで回りました。
上記↑画像は夕闇に浮かぶ八坂の塔です。
この日の最後の見学でした。
寒々とした八坂の塔近辺・・ちょっと静かで昔ながらの京の家が並びます。
暗くなった石畳を歩いているのはもう犬の散歩の方と私たちだけ;;
なんだか・・・さみしい;;
  
        *******************
イノダの朝食のあとてくてくと三条を歩き、四条に出て錦市場を観、
三条で教えていただいた湯豆腐屋さんでお昼・・。
そのあと以前にとても使いやすい高級な菜箸をハニーさんから頂いて以来
その菜箸の虜になり京都へ行ったのですから是非と
4条の横道に入った場所にある市原平兵衛商店にも寄ってみました。


まずは順番に画像から・・・・。
三条の横道?本道?  三条どうり。。洋館が!
とにかく面白いし建物のすべてが楽しい!


旧日本生命ビル
f0137694_4133174.jpg

京都文化博物館入口と旧銀行跡
f0137694_414079.jpg


家邊徳時計店ビル
f0137694_4144553.jpg

今は洋品店になっていました。 有形文化財
富田歯科医院  有形文化財
f0137694_4152297.jpg

今も医院が開業中のようでした。
玄関を入るとライオンのデザインの噴水が残っていて張られたタイルもレトロ~**
いつまでも細かい部分を観ていたいと思いました。

三条大橋近辺から西にあたるこの辺りは、
京都でありながら明治時代の洋館がたくさん立ち並ぶ不思議区域
でも京都は革新なところでもありこういう有形文化財に
なっているモダンな洋館が結構あるそうです。
他にも郵便局など明治時代の洋館を上手に保存し使用されていました。
歩いているとこれも古い!と思われる古い建物に出会います。
丸窓が素敵なんてビルも♪

f0137694_416936.jpg

旧洋館の跡にいろいろなギャラリーが入っているのですが
ちょっと心惹かれたのがこちらのお店。

お話をお聞きすると自分で持っている古い着物や帯でお人形だけ選んで
雛人形やなどを作ってくださるとか。
お店の人形の着物はとてもいいものを使っているので
一体で何十万もしますが思い出のある着物地を持っていけば
その半額くらいで作れるとか・・・。
どれも素敵で雅です。

私用にに親王飾りだけでもほしいななんてつぶやきましたが
夫はそれはいいねえ。思うのは自由さ♪だって;;
一応素敵なポストカードと連絡用カードをいただいてきましたけどねえ(笑)
夢見るのも自由さ♪

途中寄り道も多く、日本古来の和紙や工芸品を
卸している長谷川松寿堂さんのディスプレイのお雛様の屏風や
ポストカードに惹かれ寄ってみました。

中は会社で卸し専門店でしたがとても親切に対応して下さり
お好きなものを選んでいいですよといろいろ商品を
並べて下さり、ゆっくり選ばせていただいちゃいました★
写真はないのですが今度我が家で飾ったところをお見せしますね。
鳩居堂さんや伊東屋などにも卸しているそうです。

そうそうこの長谷川松寿堂の事務の方にこの辺で
美味しくて本にも載ってない湯豆腐屋さんを教えていただいちゃいました。
京都の方は優しいです。ウルウル

三条通・・・自社デザインのアンテークぽい木のいす、家具などを
販売しているお店も楽しかった。
三条通ぶらぶら時間からまずはちょっとづれたけど
そのお豆腐料理店でお昼を食べました。
一階はお豆腐屋さん、2階がお食事処でした。

f0137694_52054100.jpg

夫は湯豆腐と熱燗
私は湯葉丼を食べましたがあっさりと濃厚で美味しかった。

このあと市原平兵衛商店へ寄りそのあと
修学旅行以来行っていないという驚きの夫と何回も行っている妻と
清水へと移動いたしました。

f0137694_526684.jpg

 四条市原平兵衛商店さん・・案外小さい店舗でしたが気のよさそうな
店主の方が丁寧にいろいろ説明してくださって今回は長女にもお土産にしました。

そして清水へ 
冬でも大勢の人が来ていました。そして中国の方の多いこと!
f0137694_5292342.jpg

f0137694_532152.jpg

f0137694_5323820.jpg

しばし風景を眺める。

f0137694_5331749.jpg


この清水の舞台の前に時間限定のあるこの冬期間限定の
特別公開中の成就院・・・月の庭を観ました。
高台寺山を借景に遠近を利用した見事な庭園です。
池に映った月を眺めるお庭・・夜ならさぞ素晴らしいでしょうね。
説明の方も付いて分かりやすかったです。
こちらも写真不可でした。

結構歩いた一日・・・このあとちょっと立ち寄ったカフェで
また素敵な縁がつながったのでした。

そのおかげで心地よい夕食がいただけたのです。
ここが素晴らしいのです。
また続く
  すみません。読むのも御苦労ですよね・・・;;
あと一回で終わらせます;;
by akicosmosA | 2010-02-20 05:48 | 京都 | Comments(18)
京のじゃない!今日の感動のイベントはバンクーバー
フィギュアスケート男子!

悲喜こもごも織田君のアクシデントにはびっくりで最初もしやケガ?と
驚きましたが靴ひもが切れたということでケガよりはよくても
彼の気持ちは・・・・;;
あとで最初からひもが切れていたのを応急処置で挑んでしまったということでした
号泣したとの記事がありましたが計り知れないくらい残念な気持ちだったことでしょう。

f0137694_16523895.jpg


祝  高橋大輔 3位 銅メダル
f0137694_16535975.jpg

4回転にチャレンジして失敗しましたが後の演技が素晴らしく
胸がいっぱいになるほど感動しました。
さっそく高橋君の苦難を乗り越えてと日本のメディアは
此処までの道のりを放送し始めましたが私はもうこの晴れ舞台で
あのはればれの笑顔だけでいいのです。

今回1位のアメリカのエバン・ライサチェクものすごく喜ぶ姿が
さらに感動を誘いました。

会社で夫と事務の人と観ていたのですが今日、書類の間違いはない?(爆)

テレビを観終わってすぐ帰宅する私・・駐車場のおじさんまで
高橋銅とりましたよ!と教えてくれました(笑)

緊急更新でした・・アハハ~**
by akicosmosA | 2010-02-19 17:05 | 観る映画、舞台

京都の食事あれこれ♪

f0137694_21302089.jpg


2日目の朝食は三条にあるイノダコーヒー 本店にしました。
モーニングセットです。

f0137694_2133014.jpg


本店の近くにも三条店もあるのですがやはり本店で♪
着いたのが9時半頃でしたがもうずい分の人が並んでいました。
イノダのコーヒー、関東でも結構販売するところが増えましたが
やっぱり京都で買うのがいいかしら。
夫が此処じゃなくてもあるよといいますがそんなこと言ったら
今やお土産はすべて東京で手に入る?それじゃつまらないでしょう。

私が頼んだロールパンセットには海老フライがはさんでありへええ!と
ちょっとびっくりでした。
ケーキも美味しそうで食べたかったのですがこの日は2日目で
今日は二人であちこち回るしお昼には湯豆腐も食べたいということで
朝のスイーツは断念でした。


ちなみに初日の夕飯は下記喫茶室のオーナー夫人のご紹介のおばんざいの
美味しいお店へ行きました。
4条の裏側?   菅原 

f0137694_2144314.jpg

こちらも奥様と息子さんと3人で賄っているアットホームなお店でした。
あえてカウンター席に座って板前のご主人とお話ししながらお任せのお料理を
食べました。
京野菜のおばんざい優しいお味で心もほっこりです。
聖護院のかぶら蒸し・・美味しい!!

私と友達は飲めないので食べてはおしゃべり♪
夫は美味しいお酒をじっくりとひとり味わっていました。

普通の家庭のお献立・・・胃にも優しい京野菜のおばんざい。
やはり味を知っている方の紹介がなければめぐり逢えなかったお店です。
京都で偶然出会った人のご縁でいい夜を過ごせました。

旅先でのご縁。実は2日目もそれがあってやはり2日目の夜も夫婦で
いい時間を過ごすことができたのです。

この日はイノダのあと三条、四条、錦市場と散策の後清水寺へ♪

続く♪
by akicosmosA | 2010-02-18 21:54 | おでかけ | Comments(17)

京都旅日記♪

冬の京都・・・楽しんだのですが単純風邪をひきました。
前回記しましたが、熱もすぐ下がり動けている割には気力なしで
すっかり記事が遅くなりました。;;
でも、もう大丈夫です♪

一日目  2/11
朝早くの新幹線で8時半には京都へ着きました。
ああ;;雨の京都です。
でもこちらには30年来の友達がいてたまたま空いているということで
一日車で案内してくれることになり本当に助かりました。
せっかちでマイペースの(笑)彼女の運転でさあ今日のコースの出発です

知積院へ・・・。
長谷川等伯の絵を見るのが目的でもあります。
f0137694_1832370.jpg


素晴らしい庭園、国宝、等伯の襖絵と寒いせいかほとんど人のいない
知積院を楽しむことができました。

f0137694_1803283.jpg

四季折々の自然を先日もNHKのBSで放送された法然院。
こちらのお寺は住職の講和が素晴らしいということとお寺をいろいろな芸術家の
ギャラリーなどにも使うようになっているとか・・・。

中はみな撮影禁止です。

雨の中夫と二人だけでこのあと哲学の小道を歩いてみる。
冬枯れだし雨だし・・さすがに寒いです。

f0137694_18233098.jpg

哲学の道の川辺に咲く花・・・ほっとする瞬間です。
でも案外気持ちよくて歩くのが苦になりませんでした。
銀閣寺はパス;;残念。

此処から夫だけまだ行ったことがないという高台寺ねねの御墓へ。

f0137694_1828032.jpg


傘と荷もつで手がふさがりなかなか写真が撮れませんでした。
もちろん中はどこも撮影禁止ですが・・・。

ねねと秀吉の並ぶ像の下はねねさんが本当に入っています。
説明の方にことのほか熱心にねねさんのことを聞く夫・・・。
ずっと興味ある人だったとか。
あの秀吉も頭が上がらなかった?ねねさん。
あらら貞淑な妻の我が家とは大違いですわねえ(爆)

一日目のお寺巡りはこれくらいにしてお昼は寒いしということで
温かいおウドンを♪・・・・時間が過ぎてる・・・;;
ああおなかすいた;;

f0137694_1836514.jpg


京の雅な懐石弁当なんか食べたかったけど予定は変わる;;
わがままは言わず案内役の友達にお任せして食後は
車で名所を回りました。
もう外は雨の降りもひどくなりました。

名旅館の前を通る
炭屋、柊家、俵屋・・知り合いが柊家さんに泊った時
心地よいもてなしだけど緊張した!なんて言う感想を言ってましたが
なんかわかる気がする。
とはいっても我が家は今後も機会はないことでしょう・・ガック;;

彼女の説明と観光客は行かないような路地や町屋の道を通ったり
寒さはしのげて大感謝です。

いつもはすぐ疲れたからとお茶ばかりする私が何も言わないので
夫のほうが心配して気を使ってくれてました♪

でもさすがに運転手の彼女も私もティーブレイクしたい!
美味しいコーヒーを求めて彼女さらにぐるぐる走る。
知ってる名前も出るのでそこそこへ行きたい!!!と叫んでも
いやあそこはもうちょっとだわ・・なんてまた走る・・・。

結局疲れ果てたどり着いたお店はケーキが美味しいというお店。
パテシエは定年後にパリへ数年間お菓子の修行に行きそこで学んだ方で
その後元新聞社勤務だった奥様とこのお店を開いたとか。
名前は*森の小道*

狭い空間に絵の展示会が開催中
f0137694_1904379.jpg


疲れて口も重くなっていたのですがこの画像に写るおばさまたちに
実は私たちすごいパワーをもらうことができたのです。

もうだいぶお年も上だと思うのですがみなさん東京の女子美出身で嫁いで
あちこち行って今ようやくご主人の地元京都が終の棲家になりこの地で
絵を描き続けているとか・・・。
全員なぜか素敵な帽子をかぶりお話も達者で、私たちにもいろいろなお話を
聞かせてくれます。
それがすごく楽しくて疲れた体も元気がみなぎってきました。
このお店のオーナー夫人もご親切で美味しいおばんざいのお店まで紹介してくださって
行くならと電話までかけてくださる。
長く住んでいる友達も知らない美味しいお店のお話もへえ・・なんて驚くばかり。

高くて美味しいのは当たり前、安くても美味しくて感じのよいお店に行きなさいよ~**なんて
おばさまたちからたくさんのアドバイスをいただいて普通なら疲れるところを
なんだか癒してもらったいい時間になりました(笑)

そしてその紹介されたお店で夕飯となるわけですがそれはまた♪

More  5色の垂れ幕の意味
by akicosmosA | 2010-02-18 19:24 | おでかけ

ゆっくりのんびり~* お茶いかが?      


by こすもす