<   2011年 11月 ( 16 )   > この月の画像一覧

晩秋 ヨコハマ

f0137694_044119.jpg


日曜日  やはり観たくなる色づいた銀杏並木を観に行きました。
黄色一色の山下公園に沿って連なる木々は秋の終わりを告げています。

私の故郷  ヨコハマ
小さいころから見続けている街並みですがこんなに愛するようになったのは
やはり大人になっていろいろなことが客観視できるようになった頃だと思います。


日本大通りも大好きな場所です。
f0137694_0445153.jpg
f0137694_0455738.jpg


変らない風景を歩くとお得意のタイムスリップをすぐしてしまいます。
ちょっとまだ可愛い?高校生。
制服を着替え髪には流行っていたビロードの黒のリボンを結び
期末テストが終わってクラスメイトの男の子にさそわれてのデート★
本命には声をかけてもらえないけどなんでもない子には声かけられて・・・。
それでもドキドキしてました。

1時間でも2時間でもただただ歩いたな。
マックなんてないし喫茶店も勇気がいるし・・・;;
あの道もこの道も~お店は変っても変わらない建物、路地。
困ったなあ;;最近突然そんなこと考えただけでウルウルと真珠の涙(ギョ!)
いやお茶のような涙がにじむのです。
あの少女・・・幸せ?・・ウンなんとかね

大学時代に知り合った前を歩くおっさん・・・後ろ姿の頭髪を見てまた可笑しさみしい~。
お互いさみしい頭髪いい仲間へへ;;


元町もクリスマス★
f0137694_047101.jpg


アイドルわんこ★
f0137694_0502849.jpg


思い出が詰まったホテル。
f0137694_054388.jpg


横浜はいつでもノスタルジー

10月のみなとみらいです 

寒さもなくまだ野外を楽しむ季節でした。
f0137694_123022.jpg

f0137694_124167.jpg


大好きヨコハマ~♪
by akicosmosA | 2011-11-29 00:41 | ゆうゆう時間 | Comments(28)
f0137694_10173864.jpg


冬なのにこすもす?
今年の冬のドラマ・・冬のサクラにはまって泣いたなあ~
おっととすぐどこかへ飛んじゃう私・・もとへ戻れ~。

昨日夫がテニスから帰宅した時にこのこすもすを綺麗だろと
渡してくれました。
今頃?・・・。
150円で野菜スタンドにあったから買ってきたけど秋桜好きだろう。

つかの間の命かもしれませんがちょっと心も明るく弾みました。
Mへ   パパからだよ。

その前にお菓子並べてウキウキしてましたけどね。へへ;;

f0137694_1022145.jpg

週末、モールテラス湘南で友達とデートしました。
彼女の街にはクリスピードーナツのお店がなくお嬢さんと食べたい♪と言って
私達もおしゃべりしながら並びました。一人じゃ並ぶのも躊躇だけど熟女そろってなので
20分もつかの間~**

そしてお茶時間・・嬉しいサプライズ♪
クリーさん♪おばさんチチとサリー状態ありがとう…妄想だからお気づかいなく(爆)

そしてクッキーは懐かしかったよ~**ハニー印★


こんなに並べてにんまりの私・・・。
ダイエット?知りませ~んへへ;;
一人時間・・・・。

キャンドル作家倉田さんの作品です。先日のパーティのプレゼントでした。
f0137694_10384582.jpg

by akicosmosA | 2011-11-27 10:31 | 暮らし

冬になりました。

f0137694_091110.jpg


新しいモールがクリスマスイルミネーションで飾られた。
夕闇に包まれた駅から降りてくる人たちの顔が瞬間やわらいでいた。
冬だなあと感じる。
先ほどまでの友達との楽しい会話の余韻とふっと胸に浮かぶさみしさは
同じくくらい愛おしい。

f0137694_0103718.jpg

新しく加わったエッフェル塔
毎年のサンタさん*
玄関にもドアリースを飾りました。
毎年同じことをする。それも嬉しいひとつ・・・。

昨夜の余韻 
f0137694_0113921.jpg

f0137694_0354735.jpg


澤 菜穂子さんとル・ヴェルベッツとのおしゃれなコンサート                          「Voice of Violin」
澤さんのコンサートは2度目でした。
躍動感にあふれ情感もすばらしく表現された演奏に聴き入ってしまいました。
私はとても久ぶりのヴェルベッツ
本当に素晴らしくて♪・・ブラボーでした。

時には東京で大人の時間♪
もう終りなの?・・・まだまだ"「Voice of Violin」に浸っていたい夜でした。

土曜になった0時すぎ・・・・眠いけど眠るのはもったいない夜。
f0137694_0125875.jpg

by akicosmosA | 2011-11-26 00:54 | ゆうゆう時間 | Comments(14)

日差しの中で♪

f0137694_2562764.jpg


f0137694_257179.jpg


11月・・本来ならもっと寒い日もあってもよいと思いますが
今年の11月は本当に過ごしやすいですね。
怠けていたときは気付きもしない家のまわり。
いいえ気付かぬふりをしていたのでしょうね。
見上げた空が青空の日にちょっとだけ冬ごしらいをしました。

赤い実が可愛いので玄関先のテーブルに飾りました。
せまい庭もオンミタイセツの私ですから市のシルバーの方にお願いして
草取りをしていただきすっかり綺麗になりました。
狭い庭なので案外簡単に終わりますがプロはすごいですね
これは雑草じゃない;;・・・のになあの草もすっかり無くなりましたへへ;;
f0137694_3301749.jpg


f0137694_2584072.jpg


毎日出たり入ったりの玄関
実は大切なんですよね。   ノエルが日差しの中で動きます。
見てるだけでほのぼの~こんなささやかなことでも心が満たされます。


f0137694_2594011.jpg

今年も柚子がたわわになりました。
毎年使い切れませんからおすそわけさせていただいています。
世の中は騒々しいことや大変なことがあったけど
また同じだけど同じではない季節が来てくれました。

温かい日差しの中でじんわりこれっていいなあとやわらぐ時間
この瞬間幸せ・・・。
by akicosmosA | 2011-11-22 06:10 | 暮らし | Comments(30)

華やいで~**

上質な時間 Cooking Salon White Lace
  20周年記念パーティ
f0137694_1034614.jpg

whiteさんが作られたCooking Salon White Laceのフォットブックです。
お写真から紡がれた時間が優しく伝わるお写真です。

f0137694_1011537.jpg
 



10月の佳き日に届いたご招待状はゆるやかにこの2年近くブログがご縁で
お付き合いさせていただいているwhitelacenonyoさんからのものでした。
やさしい光の中で~タイトルがまさにぴったりのお会いになるどなたも
そのお人柄やオーラで一目で魅了され優しい光に包まれてしまう日本では
珍しいほどの美しく前向きで心身共に輝いている素敵な方なのです。

招待状が届いたとき夫もそばにいましたが
私の飛びあっがんばかりの喜びと驚きに夫も何事?
ええ!いいのかな?いいのよね?いいのかな?
いいのよねえ。招待されたんですものね。♪

その日からいよいよの佳き日が昨日でした。
20年間の長い年月先生のお料理と素晴らしい人間性に通い続けている
生徒さん、OBの方、若いお嬢さん、結婚してお子さまが出来てお休みしても
また通い始める若いミセスたち。
本当に素晴らしいこととお話をお聴きしながら感動してしまいました。

温かさの中に心が華やぐ上質の時間でした。

whitelacenonyoさんのこの日のさらに美しいたたずまいとオーラは
輝きをまして会場中を魅了し生徒さんの皆さまの顔も誇らしげでした。
私も高揚感に弾んでいました。

joeL Rouchon ジョエル・ロブション
f0137694_1062265.jpg

この奥で静かに祝典を待ちました。 ちょっと緊張でしたが先にwhiteさんご夫妻の
温かい笑顔に出会いましたのでゆったりとネームプレートのお席に着きました。

f0137694_10102963.jpg

バカラのシャンデリアの素晴らしい輝きの中ロブションのスタッフも着席を待っています。


whiteさんおごあいさつのあと~
華やかなドレスやお着物を召された素敵な生徒さん達もシャンパングラスを
持って一斉に乾杯★
f0137694_10134950.jpg

f0137694_10144334.jpg


ダンディで知的なユーモアを交えたお話でテーブルに笑顔を下さったwhiteさんの
ご主人が私の席の前で何と楽しかったことでしょう。


このサロンの生徒さんは顔で選ぶのですか?と皆さんに聞かれるくらい
美しい人が多いんですよと~**お笑いになりながらすごくうれしそうでした。
でも本当にそうなんです。お綺麗な方ばかり・・・♪
そしてお料理がスタートです。
whiteさんとロブションのシエフと綿密な素材の打ち合わせから
お料理を完璧にを目指したと聞いていましたがまさに
その完璧なお味のお料理でした。

アミューズ
f0137694_10221841.jpg


特選生雲丹 甲殻類ノジュレになめらかなカリフラワーのクレーム
フォワグラ プランチャで焼き。スペルト小麦のリゾットと共に
f0137694_10232734.jpg

アマダイ うろこつきで香ばしく焼き百合根と枯木柚子のナージュに浮かべて
特選和牛フィレ肉 ポワレにしロブション風ポテトのピュレ
ジロール茸、姫人参、こくのある赤ワインソースと共に。
f0137694_10242683.jpg

ワインの芳香なこと♪普段飲まない私・・・ついつい口に運んでしまいました。

どのテーブルも会話が弾み先生を囲んで新旧なごやかにお話ししている姿に
この20年真摯にお料理を愛し、生徒さんを愛したからこその賜物と
人生を丁寧に暮らすことの意味を確認できたような気がしました。
f0137694_10252737.jpg

この日はwhiteさんの誕生日でもありました。
生徒さんにやはり慕われていらしゃご主人さまをwhiteさんのテーブルの横に
お呼びして大撮影会です。
何と絵になるご夫婦でしょうか♪
もちろん私もぱちぱちと~**
f0137694_8102127.jpg


・・ツーショットの写真公開はちょっと照れます~**ということで
   whiteさんだjけにいたしました。
   横を想像してくださいねえ♪


そしてパーティも終わりに近づきデザートです。
繊細かつ美しい盛り合わせに感激です。

シュクルのプールに詰めたヴィオレットのブリュレミルクのアイスと共に。
あと2種類のデザートが出ました♪
f0137694_10325894.jpg


この会場をひときわ素敵な空間に演出していのがこのキャンドル達。
f0137694_1034523.jpg


私の隣に座った方がなんとこの作家の倉田さんでした。
ラッキーにもいろいろなお話をさせていただきました。
人生の中で嬉しいことはいろいろな出会いがあることです。
まだまだ心の扉を開いて耳を澄ませてノックの音をのがない生き方をしていきたいと
今回のパーティのwhiteさんからこのことを含めて多くのことを
学ばせていただきました。

今回ベストドレッサー賞のサプライズが行われました。
自分は対象じゃなくてもついつい口紅付いてるか心配する私へへ;;
5人の入賞者皆さま当然のような美しく素敵な方でした。
一位の方は会社を経営し世界をとびまわるwhiteさんのご友人でしたが
年は重ねてらしても本当に輝いている方でした。
先を歩く素敵な方からそこに及ぶことはあり得ませんが
人生のへ希望を感じることが出来ますね。

上質時間まさに華やかに、しなやかに~**
ご招待本当にありがとうございました。

素敵な女性として憧れのwhiteさん*です。
f0137694_2275571.jpg


華やかさの中に上品な深紅のバラ色のお洋服にもう最初から
圧倒の美しさでした。。
お顔だしたーーーーい★
by akicosmosA | 2011-11-20 22:00 | お祝い | Comments(28)
f0137694_1856894.jpg
 ツリー

水曜日 昨年に続いて今年も単発クリスマスリースレッスンを
アリュール栗原さんにしていただきました。

今年も我が家でどうぞ♪に甘えて友達の葉山のリゾートマンションで~**
車で通る海岸線・・この日はイルディーヴォの新アルバムを聴きながら~**
寒い日でしたが海のの青さが気持ちよいです。

彼女らしい可愛いツリーのお出迎えに微笑みが出てしまいます。

Y子さん作品
f0137694_18565934.jpg

 
生の樅やほかの緑の葉の香りがかぐわしいリース
レッスン中は皆手は真剣~
先生も真剣そうに手が動いてるでしょう~**
f0137694_18575818.jpg
 

f0137694_18584844.jpg


今年は昨年のポップな感じからちょっとシックなデコレーションのリースになりました。
それぞれが思い思いにシナモン、まつぼっくり、なんかすきにつけて
これでいいわ~と思うところで先生、出来ました♪

私の作品  家にて★
f0137694_033457.jpg
f0137694_034225.jpg


怖くないわよ~マダム達に優しく皆さんそれでいいです♪と先生の言葉で
はい、はいお茶にしましょう♪
手も口も動きも非常にはやい私たちで~です。

下記はレッスン前早めに集合してランチをしました♪
f0137694_1916621.jpg

f0137694_19182713.jpg

  乾杯♪・・ 食べて食べて♪

そしてレッスン終了後は栗原さんを囲んでのティータイム
私とほぼ入れ替わりに巴里へいっていた栗原さんのお話を伺いました。
栗原さんの真摯さと素晴らしい感性と情熱は一歩一歩思う場所へ進んでいて
ただ応援するだけの私でも友達へへ;;として嬉しい限りなんです。 
何の接点もなかった栗原さんのお花に惹かれて扉を叩いてくれたのはハニーサン*
もうあれから何年?いい出会いでした。

お茶の写真がないのは私がびっくりのおかしなことをしてしまい
動揺のためなんです;;
アハハハの大笑いのような事柄ですのでご心配なく♪
  昨年

晩秋の葉山時間・・micci邸はいつもながら穏やかで居心地満点★でした。

More  ハニーりース★
by akicosmosA | 2011-11-17 23:26 | | Comments(16)

映画は楽しい。

DVDはわりと家でよく観ているのですが11月は特に観て居ます。
ミニシアター系上映は東京が多いので私の地域ではなかなか見る機会がないのです。
でもちょっと時間が経ったらdvd化されるのですがレンタルショップでも
なかなか見つかりません。
ところが近くのTUTAYAにミニシアターだけのコーナーがあったのです。
作品は少ないのですがミニシアター系を2本観ることができました。

小さい村の小さなダンサー
f0137694_8201447.jpg


中国の山東省の山奥に暮す貧しい少年が気丈な母と勤勉で心優しい父と兄弟と
日々を笑顔で暮らしていたのですがある日突然、バレーダンサーになる子供を
探しに来た役人に北京の舞踊団へ連れて行かれることになり過酷なレッスンが・・・・。
その中で秀でた才能で頭角を現したリー・ツンシン。

その後苦労しながらも世界に認めらる著名なスターになるまでの
彼の人生が描かれる映画なのですが実話でもあり
文化大革命当時の中国・・江青女子含む4人組がはびこる時代背景も
さもありなんと思う出来事ばかり・・・。

奇跡的な出来事やよほどの才能がない限り生まれた地区で
貧しいまま終わる子供たちが多かった毛沢東政権下の
混乱と激動の時代に11歳で踊りだしたリー・ツンシンのドラマチックで
波乱に満ちた半生は最後まで彼の苦悩と喜びをともに体感してしまうほど~面白いのです。
でも終始やわらかい空気のままの映画で不思議?

1979年堕落している国の人間を信じるなと言われて自由の国アメリカへ
バレーの研修で行くことになるのですがアメリカは国で教わったことと
全く違う自由な国・・。
そこから彼の自分の意思を大切に思う人生を歩みだすのですが
アメリカを教える役人もアメリカに行ったことなし。
本気でおかしなことを教える役人に笑えるけど笑えない;;


アメリカで認められ活躍するようになった彼に
国からの帰国命令が・・・・。
意に反して亡命をすることになってしまった彼ですが
そこからまた国を捨てることは中国で暮らす家族とも断絶という
苦悩始まりますが踊ることによってまた新たな人生を歩み始めます。

1988年中国もあたらな時代へ。
家族が暮らす地に一時帰国を許され帰るのですが
この家族や村の人たちとのラストシーンは喜びや
幸せの余韻に包まれるほど感動的な場面でした。

青年期の主人公を演じたのは英国の
現役プリンシルバレエダンサーだそうですが
毎回の踊りが素晴らしくて映画上の舞台ですが見入ってしまいました★
顔はブルースリーに似てました(笑)
原作もありますので読んでみようと思います。


パリ20区 僕たちのクラス
f0137694_8235954.jpg


映画公式サイト紹介分より 
 第61回カンヌ国際映画祭で最高賞を受賞したこの作品は
フランスでの150万人動員をはじめヨーロッパ、アメリカで大ヒットを記録し、また教育現場を中心に
大きな議論を巻き起こました。舞台は、多様な人種が暮らすパリ20区にある中学校の教室。
そこには文化も経済状態もフランス語のレベルさえさまざまな多人種の生徒達が集まっています。
映画は、教室という小さな空間の中に、“今”世界が抱える問題を見事に描き出しています。
 そして今この映画が、日本では大きく取り上げられることのない学校教育の現場での
「マイノリティ」「ニューカマー」との共生のあり方を考える重要な教材となると、
教育関係者の話題となっています。
今後の日本の学校教育を考える上で、国際化や生徒間の格差は避けられない問題です。


ドキュメンタリー?と思わせるほどの自然な教室の流れで24人の生徒は
本当にそこの学校の生徒と錯覚してしまうほど。
中学生の教室で繰り広げられる教師と生徒の対話だけがメインです。

20区は多民族社会、一人一人の生徒からその家庭のいろいろな考え方が
浮かんで見える。
場面はほとんど教室・・・生徒と教師の中に甘い関係は見えない。
このクラスをみる国語教師による問いかけ、提案はことごとく生徒の
なぜ?いやだ!、やりたくない。答える必要はない。に終始する。

まあ、よく自己主張する。
ただし実に子供じみた発想も多く観ている観客でさえ子供たちの
ふてぶてさに呆れてくる場面もあるくらい。
決して熱血先生でも言葉で生徒をあやつりもしない教師にかえって私は好感を・・。
時には教師も怒りのあまりに芳しくない言葉も投げつけてしまう・・・。

そこからまた新たな問題も発生するのですが教師も生徒も対話は
やめない・・・・。いや感情のぶつけ合いかな。

自分勝手な言葉を投げる生徒の言葉も理解する生徒の言葉も
今までとは違ってきたのは教師の逃げない姿勢からだろうか?

最初単調だった映画も教師たち、教師側も生徒側もフェァに判断する校長
厳しさの中ににも的確な判断をする学校側にだんだん引き込まれていきます。

ただルール違反し最後まで反抗的だった少年に
どのような家の背景、時には国の背景があろうと
転校の審判を下すのです。
仏語を話せない母に代って通訳する息子のしおれた顔は切ない。
母は最後までこの子はいい子だを繰り返す。
上手に表現することが出来ない少年はやはり反抗的に言葉を教師に返すだけ。

転校の罰を受け帰るアフリカ系移民の親子の後ろ姿に悲しくなった。

それでも中学生の毎日は学校で始まる。
キヤーキゃーいいながら反抗的な態度も相変わらず
それでも前とは違う生徒を感じる。

教育は難しい・・・。
と言いながらこの映画は子供たちの明るい何かを感じることが出来たような・・・。

昔から三銃士大好き。
f0137694_8242482.jpg


これはまったくのエンターテイメント映画
どうも話の展開が・・と思ったら2作目へ続くですって;;
ダルタニアンの男の子♪・・ジャニーズ系?
かっこよくて可愛かった♪  好みとは違いますが~**

これは今、公開中 映画館でよければどうぞ


ちょっと感想を書いて疲れ(笑)
久々ねんりんやのバームクウヘンでお茶でした。
f0137694_822811.jpg

by akicosmosA | 2011-11-15 17:26 | 観る映画、舞台 | Comments(19)

なんだかなあ~

長いのよね…話;;
自分たちばかり美味しいもの食べて!~;;

f0137694_830011.jpg

f0137694_830492.jpg


写真とるわね・・母♪

横向かないでねえ~
とたんにIちゃんにギューと手で顔を曲げられた;;

可愛いいいこで通してるから切れた!感じが出せなくて
お母さんもぶりっこ、わたちもぶりっこ・・てっか!!  byノエル

お姉ちゃんが最近ますます甘やかせてない?
ええええ!こんなにいい子なのに・・・byノエル


昼下がり・・・でした。
by akicosmosA | 2011-11-15 08:39 | ワンコ

オープン3日前  湘南テラスモール
f0137694_9333418.jpg


すごいモールが出来るらしい!そんな声を聞いてから数年しないうちに
堂々の完成をみたわが最寄り駅のショッピングモール
湘南に合わせてたくさんのテラスがあちこちに作られ風、空、空気が
心地よく感じられる空間がいっぱいには嬉しいかな。
とはいえ大きな建物は何もない空間ばかりの田舎には実にびっくりなモールだった。

地域の活性にもいいですねえ。
何よりさみしい我が家よりの駅前が明るいモダンなエリアに生まれ変わったのだ。

オープン前夜  近隣だけプレオープン
f0137694_10215998.jpg

ほっとするスタッフの方たち
f0137694_10235482.jpg


2011、11、11、11時オープン この日新聞によるとオープン前に
1万5000人並んだとか!!この駅にこんなに人が集まるのは前代見聞かな?

f0137694_10265587.jpg

f0137694_10274290.jpg


キャス・キッドソン湘南
世界で初のカフェも併設・・・長蛇の列でした。

f0137694_10354820.jpg

なんといっても喜びは映画館★
早速観てきました。

  三銃士 でした。

f0137694_10441448.jpg


近隣の高校生・・すげえジャン♪ ここ横浜かよ!
大体が湘南から出ていく都会は横浜ですへへ;;
我が家町周辺こんなに人が集まるところはなかったんです。
茅ヶ崎はまだ都会だけど(笑)


とにかくすごいねえ・・が合言葉★
いつまでも続くといいこの活性。。。地域雇用で経済も潤うといいなあです。
by akicosmosA | 2011-11-13 10:48

お茶にしましょう。

ジアン
f0137694_2175246.jpg

   ~De Paris a Giverny~ ジベルニー
パリの庭園やロダン美術館、クロードモネの家、などが描かれたシリーズ。

始めてジアンに惹かれたきっかけは友達のバースデイプレゼントからでした。
そして今年もありがとう・・・♪~**PARIS~**


f0137694_2143271.jpg
f0137694_2152566.jpg


なにはともあれお茶を飲む。
家事の終わり、買い物の帰り、外出から帰宅。
雑事もなんとかこなしました。

それまでのことと別のことをするとき、お茶を飲んで一息つく♪
次のことがひかえている短い時間でもお茶を飲むとほっとして気持ちに余裕が
出る気がします。
お茶タイムは男性のちょっと一杯うい~と同じかな
気持ちの切り替え・・・・。
そんな時間があるのは嬉しいことです。

これが終わるまでは休まないよ!これは夫・・・。
わかったどうぞ~私はお茶飲まないと動けないからねえ♪うひひ

f0137694_21273038.jpg

f0137694_21282448.jpg


ちなみに急須の中は京都寛永堂の黒豆茶。
Y子さんの仲良しのFマダムからいただいて以来大ファンです。
血液サラサラしてくれりし、健康にも美容にも良いとされるお茶なんです。

今年も年1回の検診が終わりました。
気が重いのは鼻からの胃カメラ;;
バリュームや口からよりはずっと私の場合は楽ですが
慣れないです;;
仮の記録では今年も昨年とあまり変わらないようです。体重もね;;
痩せたのは錯覚でした・・号泣;;
by akicosmosA | 2011-11-09 21:31 | Comments(30)

ゆっくりのんびり~* お茶いかが?      


by こすもす
カレンダー