<   2014年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧

春のお招き♪

風は冷たくても足取りは軽やかにもちろん心でスキップしながら銀座和光前で
わくわくの待ち合わせをしてすぐにお近くのwhite邸へとお邪魔いたしました。

緑豊かな住環境と家から見える景色はまさに値千金
ああここでしたのねえと胸がいっぱいになりながらのお宅訪問は
とても幸せな時を刻むことができました。

f0137694_7455615.jpg

約10カ月ぶりに東京へもどられたyumiさんとlilyさんもご一緒に
素晴らしいまさに本当のお・も・て・な・しをしていただきました。
お料理、テーブルセッティング、お部屋の隅々までいきとどいたインテリア
まさにwhiteさんの世界です。
ブログで観る世界も素敵ですが実際はもっともっと素敵です。

そしてお部屋にはいつも穏やかで笑顔の素敵なダンディなご主人様が
私たちをようこそと出迎えてくださいました。

夕方から始まった宴はわくわくのコースです。
シャンパンで乾杯!
前菜から始まりリクエストさせていただいたカニクリームコロッケ
スペシャルな友達にはおつくりするのよと(幸せ)いう絶品ビーフシチュー
自然に笑顔になってしまうお料理マジックは食べてこそわかる口福感。

*お料理の詳細はこちらで

前菜の一品一品が丁寧に作られていて素材と手をかけることの大切さを
学びました。私、手抜きもいいとこで。汗たら〜り。

f0137694_82167.jpg


f0137694_7465373.jpg



f0137694_7471923.jpg


窓の外の夜景の美しさに気づく頃美味しい、美味しいを連発のお食事もデザートへと。
f0137694_7463261.jpg



美味しくておかわりどうぞに迷いながら流石にお料理を全部平らげたあとで
睨むだけとなりました。

f0137694_7512364.jpg


東京ど真ん中の素晴らしい住環境と季節ごとに変わりゆく風景と毎日の日の出と夕景を
眺めながらの日々、暮らしを楽しむお気持ちは若さに溢れ
お料理サロンの生徒さんにも先生は90歳までは大丈夫ですねを超えて
誰もが思うのは120歳までは大丈夫でしょう!ですね。

お招きを受けるのもお誘いするのも大好きな私
いつか我が家へも??といいたいのですがさすがにお気楽な私でも
暮らしを立て直し隅々まで綺麗にしないとお招きがなかなかできません。
でももう少し視力が落ちてくださればどうぞと言えるかな(爆)
手ぶくろさん。素敵でしょう。残念でごめんなさいね??
美味しかったの!!!


ありがとうございました。
by akicosmosA | 2014-02-27 07:50 | 集い | Comments(11)

心が春日和の日のこと。

f0137694_9532359.jpg


1度目の雪のあとでした。
寒くても穏やかな日の午後 素敵な時間を過ごしてきました。

国際文化会館 岩崎小彌太記念ホール
 
13歳の天才ピアニスト ちょっと小柄な少年イーサンポートニック君

f0137694_10221341.jpg


*コンサートツアーを行う最年少ミュージシャン』としてギネスブックに認定された米フロリダ州出身のピアニスト、イーサン・ボートニック。
天才子どもピアニストとして知られる彼が初めておもちゃのピアノで弾いたのは、同じく神童とうたわれたモーツァルトのトルコ行進曲。ボートニックによると、聴いたものは全て真似して弾くことができたという。*
        紹介文より。

世界の大物歌手と共演したイーサン君ですがみた目は本当にまだ可愛い少年です。
でもピアノ、歌、おしゃべりと見事なパフォーマンスを繰り広げ観客を惹きつけます。

素晴らしいお庭を背景に軽やかな演奏と歌。 お話は自然体でとても丁寧に
ユーモアも交えながらで和みます。

13歳の彼はとても礼儀正しく真摯で紳士。
観客の質問に答えました。

*小さいころにいつも言われたのが謙虚でいること。
有名になればなるほど友達にはもちろん相手の気持ちを謙虚に受け止めること。
そして真摯に・・・。*


13歳・・・ダークなスーツに身を包む少年は良き時代の品を備えていました。
彼の落ちつきとやさしさを持ちながらのしっかりとした受け答えに
装っていない賢明さと聡明さを感じたのは私だけではなかったはずです。

そんな少年との時間素敵な一日になりました。

久しぶりの友人と坂を下りながら肌には寒い日でしたが
心の中は春でした。

 応援する人が増えてますます音楽で幸せをいっぱいもらってます。
 来週からは私ツアーが始まります(爆)
 IL様ツアー♪ふふふ。
by akicosmosA | 2014-02-22 10:22 | ゆうゆう時間 | Comments(6)

寒い日のあったかい~**

2度目の雪が溶けだしても寒い毎日・・・。
そんな寒い日はあったかいもの食べなくてはね。

ある日の冬の食事

う!アッチチ  オニオングラタンふうふう~**
f0137694_844246.jpg


ギュウギュウつめて満員お鍋 ロールキャベツ
f0137694_8443675.jpg

和風スープで出来たわよ♪

久しぶりの我が家ラーメン・・夫には煮玉子サービス  (良き妻だわ)
f0137694_8444898.jpg


寒い日は温かいものを♪ そしてセーター着て厚手の靴下も履いて
あったかくなる雑誌や本を観て読んで暖かく過ごせばいいのよね。
なんてカンタン~**
by akicosmosA | 2014-02-22 08:54 | 暮らし

  2度目の  ゆき


f0137694_15514987.jpg


雪が降ってきた♪
ほんの少しだけど
わたしのこころの奥に積もりそうな雪だあった♪
こんな歌がありますが少しどころではない2月2度目のゆき

降り始めた金曜日の夜
f0137694_15585478.jpg


翌日何としても歩く場所は確保しなければね。
f0137694_15592124.jpg


土曜日はどうしても行かなければの場所がありました。
でも最寄り駅の東海道線は動き出しているのに車は通れないほどの雪ですから
駅までのバスも全面運休になりました。
タクシーもなんとか電話は通じても稼働している車が数台である上に
標高の高い我が家までは行きませんとの返事。

準備していたけどあきらめました。
そしたら急に偏頭痛と吐き気(失礼)
グダグダ過ごす雪の一日とあいなりました。

雪国ではないのにまるで陸の孤島になった我が家周辺。
こんな積雪はいつ以来かしら?

ふとすごい年をとった老夫婦になったら?と考えたら
駅前のマンション暮らしがいいなあなんて。

お出かけ好きな私に家ごもり生活なんて無理ですもん(笑)

f0137694_1552834.jpg


昨日・・・雪を観ながら大事にしまっておいたハニー印のチョコケーキ
ひとりで食べちゃった♪
by akicosmosA | 2014-02-16 15:53 | 暮らし | Comments(8)

MY valentine Charity Party 2014

f0137694_3264857.jpg


先日バレンタインガラパーティという素敵な集いに参加しました。
チャリティパーティでした。

震災後3年。
今回パーティの収益を被災地の幼稚園へお渡ししました。
その時の園長先生のお話はとても興味深く少し心がちくりと痛いものでした。

「1年めはたくさんの寄付を頂きとても助かり感謝でいっぱいでした。
2年め、3年めは被災地はまったくそのままなのに
忘れ去られたように何も届きません。
ですから今回こんな形で寄付をいただけることに驚きました。
まだまだ復興には程遠い状態が続いています。
感謝と共にどうか私たちを忘れないでください。」
少し違うかもしれませんがそのような内容のお話しでした。
そこは原発20キロ圏内の子供たちが家にかえれず通う幼稚園でした。

忘れたわけではないと思いますが現実の声は真実なのです。

??パレスホテル
多くの方が集まりました。
スペシャルゲストはちょつとサプライズぽく(笑)
ル・ベルベェツ
彼らの素敵な声に酔いながら最後は全員で 花は咲く??
華やかなチャリティパーティでした。
ゲームでもたくさんのお金が寄付になりちょつとセレブリテイなパーティ
チャリティもいろいろ。
でも大きな寄付に繋がるならこれは素敵なパーティですね。

f0137694_3275426.jpg



26以上ある各テーブルに素敵なアレンジのテーブルフラワーを置いてくださったのは
アリュール栗原さん。彼もまたさりげなく素敵なチャリティーに、協力してくださったのです。
すでに多くのチャリティを成功させている今回の皆様
主催者の方にはこれからもぜひ繋げてくださることを祈ります。
by akicosmosA | 2014-02-13 22:18

2月の雪

何十年ぶりの大雪と前の日から注意してくださいと報道が大騒ぎです。
確かに朝からすでにすごい雪になりました。
幸い土曜日で休日でもあり私、一歩も外にでませんでした。
夫は夕飯困るから今の内に買い物をと。
でも騒がなくてもお昼も夕飯もきちんと2,3日くらい楽々大丈夫?


f0137694_1214977.jpg

白い世界を見ながらぬくぬく温かい部屋で飲むコーヒーはいつもより美味しく感じたりして。

f0137694_11584512.jpg


せっかくだから雪の絵本でちょっと勉強?
絵だけ観てたらうとうとしてなんとなくストリーは絵でわかったつもり(笑)

ただただ雪を眺めてうとうとして・・・・。
まあこんな日はこれでいいわね。

夜はカレーを食べて
DVD鑑賞   仏映画  シエフ

f0137694_039546.jpg


文句なく笑えて楽しめるコメディ映画に気分も爽快♪
ジャンレノ演じる三つ星レストランシエフと舌は確かなニートシエフのやり取りと
取り巻くまわりの人物のエスプリがなんとも可笑しくて大声で笑っちゃいました。

明日は晴れるとか。
凍結でけがのないように祈ります。
そしてもっと大雪で大変な地方の方のご無事も祈ります。
by akicosmosA | 2014-02-08 23:56 | 観る映画、舞台 | Comments(16)

映画 最後のマイウェイ

恋心 巴里

f0137694_8104374.jpg


心の旅したい!!そんな時は映画三昧をしましようか。
1週間の旅を5作品でいたします。

仏映画 最後のマイウェィ
f0137694_824899.jpg


1960年代1970年代に活躍したポップ歌手クロードフランソワの派手な生き様を
華やかにしたたかに孤独に切なく描いたエンタティメント作品です。
フランスの興行成績トップになった映画らしいですが、
クロードはあのフランクシナトラの世界的な名曲の作曲家でもありました。
私はこの方はこの映画で初めてしりました。
彼はフランスのカリスマスターでありアイドル歌手
背が小さい、鼻が低いというコンプレックスを自らのアイディアで乗り越えていきますが
人気者になればなるほど生まれる孤独感、疑心は
どの国スターにも生まれる特有の気持ちなのでしょうね。
楽しいのは次々と浮名を流すお相手にあのフランスギャルという
日本でも愛された歌手の方もいたこと。
私がいつも口づさむ「夢見るシャンソン人形」を歌った方です。
クロードが最初に結婚した女優さんがとてもキュートでチャーミング!
ファションも髪型もまさにツボでした。
クロードは苦しみながらもとてもしたたか。
時代の先端をいく歌手たちのパフーマンスをどんどん取り入れ自分のものにして
歌手生命の危機を乗り越えて行きます。
ヘアスタイルはまさに日本のあの頃西条秀樹やジュリーと同じ長髪の
アイドルヘアー。日本の時代を重ねるのも楽しいです。
不慮の事故で亡くなる前のシナトラ版 マイウェイをロンドンで英語で
彼がしっとり歌う場面は胸をうちます。


楽しみながら見てほしいと思うまさに娯楽性豊かな作品でした。
いい旅が出来た夜でした。(笑)
TSUTAYA限定レンタル作品でした。

2月になりました。春をたくさんかんじるときですね。
by akicosmosA | 2014-02-03 08:12 | 観る映画、舞台 | Comments(6)

ゆっくりのんびり~* お茶いかが?      


by こすもす