バタバタ?のんびり?気力ない?とか言いながらあれもこれもが
多くて結局気持ちだけせかせかして・・。
でも夜はちょっとだけ一眠りして起きていろいろやろう~が
ありゃ!朝!

11月も半分過ぎてもうパリの話もねえ~**
でも覚書、まだ見てくださるかしら?

f0137694_8453257.jpg


やはり毎回1度は顔を出してしまうヴァンブの蚤の市

f0137694_8461994.jpg


家では断捨離に励んでいるからと買いません?
でもやはり一つ持ち帰りました。

ティーストレーナー
f0137694_8492094.jpg


銀?銀メッキ? 安く買う方法は覚えてもそれ以上の言葉が出てこない(汗)
でもすぐ気に入ってたったひとつでも充実した気持ち~**
今年は紅茶レッスンも始めましたし・・・。

あと1回くらい書いてしまうかも。2016 秋 PARIS
# by akicosmosA | 2016-11-18 07:57 | 巴里2016 | Comments(10)

紅茶日和

我が家のゆず
今年は夏に木を切ってもらったらそのせい?実は大きいのですが
あまり実がなりません。それでも黄色くなってきて楽しめそうです。
f0137694_8383278.jpg


穏やかだったこの前の休日
シルバージンザイセンターからのいつものおじさんが
今年最後の庭の草取りをしてくれて狭い庭もすっきりとなりました。
f0137694_8391624.jpg


ちょうどいい日差しと気温の中で紅茶タイムを外でしちゃってみる(笑)
英国の家からお庭へと美しい花が咲く広い庭園の中談笑しながらなんて
憧れですが我が家では目をつむっても絵も浮かびません。
でも、そこは無理にでも想像の翼を広げて~~~**
f0137694_8402517.jpg


ちょっと前の本を読んでいたらロンドンのリッツホテルのアフタヌーンテイには
ティダンスの時間があると書いてあった。
ほんとうに?優雅ですねえ。さすが英国
でもまだあるのでしょうか?

友人から紅茶をいただきました。
紅茶についていたショップカードの文章に惹かれました。

*記憶に残るような出会いがあります。

世界中の人々が毎日のように飲み続けている紅茶
もしも気持ちを揺さぶり、記憶に残る紅茶に出会えたら
楽しい、嬉しい、愛おしい、そんな記憶を呼び覚ませてくれます。

誰もが感じる感情や感覚をインドの伝統的な舞踊や芸術では
NAVARASA(ナヴァラサ)=人間が持つ9つの感情といいます。


・・・・・・・・・。
いただいた紅茶のメーカーはNAVARASA

五感はわかりますが9つの感情~私にもあるなら怒はどうぞほどほどにでしょうか。

f0137694_18311398.jpg

# by akicosmosA | 2016-11-16 07:35 | 暮らし | Comments(4)

遠き日々の写真集


2016 秋 パリのメモリー
もうすっかり木々の葉も黄色から茶に変わり落ち葉でいっぱいの初冬のパリでしょうか。

オデオンにある本屋さん。写真集が綺麗なままで安く買えるので行くと寄ります。

今回は写真集 MonAmour1930年くらいから1980年くらいまでの
PARIS人々の日々の様子をとらえた私の好きなシーンばかりの写真集です。

f0137694_23584989.jpg


f0137694_23591181.jpg


parisの猫の写真集は前に購入したものですが、愛すべき猫のしぐさや
猫とともに暮らす著名人の素顔も楽しいのです。
f0137694_23595169.jpg


グレコとマイルスディビスの恋愛は困難な中それでも続いたとか・・・。
BSのドキュメンタリーで知りました。
f0137694_005794.jpg

パリの1930年代、40年代、50年代、60年代 生き生きと暮らす人たち
街角、変わらぬ公園、場所。
写真が物語るものって文字より雄弁なのではないかしら。

なぜか過ぎてしまった時代の写真は大好きで故郷といえる横浜の昭和の写真集など
いまだに飽きず見ている私です。

もう11月9月末のパリがもう遠くに感じてちょっと寂しくなる私です。
# by akicosmosA | 2016-11-09 00:24 | 巴里2016 | Comments(4)

黄昏の銀座 
f0137694_1313693.jpg


行きかう人達
f0137694_132185.jpg


周辺は少しづつ変わっても和光は堂々と時代を観ています。

この日は歌舞伎の梨園の妻が観た裏話。
シークレットにしましょうねなんて
大笑いしながらのランチと講演を楽しみました。

夕景の中皆それぞれ歩く4丁目の交差点
ソニービル日産ギャラリー新しい3階のカフェから見る夕景もなかなかでした。
11月も始まったと思いながら過ぎていく時間に妙に切なくなる黄昏の銀座
# by akicosmosA | 2016-11-06 13:11 | 外時間

秋の時間の中で

10月はオレンジ色~♪
そして11月は木々の葉が黄色に染まりラハラと落ち
晩秋から初冬へと変わり、なにげに夕暮れ時の家々の明かりに
ホッとしたりさみしさを感じたりしてしまう私です。
それでも11月は好きなんです。
12月の出番を心待ちにして過ぎていく11月
その地味のようにも思える11月の晩秋から初冬へ変わる自然の風景の中を
散歩するのが私にとっての11月の楽しみといえるでしょうか♪

そんな10月の半ばに今年2回目になるペレ信子先生のレッスンに伺いました。

大人色のオレンジのアレンジのテーブルセッティングに心弾む時間でした。
f0137694_98230.jpg



f0137694_8571726.jpg


9月に発売された先生のご本の題名にあるように
これなら楽々作れそうです?~のお料理がこの日も3品

その前にフランス美食史の後半の講義を1時間受け最後のデザートまで
秋の時間を学び楽しみました。

f0137694_992344.jpg


今日のおやつは私もこれにします。★
ペレ信子さんのご本 ご家族や、暮らしのこと、フランス人のこと
楽しいのでぜひ!

f0137694_9112492.jpg

# by akicosmosA | 2016-10-28 08:59 | ゆうゆう時間 | Comments(10)
同じ角度からの画像ですが、あちこちお歩き回って夕方ホテルへ着く前の
交差点にあるカフェで休憩します。


f0137694_125602.jpg



f0137694_12562994.jpg

4号線 Vavin 

滞在中毎日歩いた道でした。カフェで休みながら道行く人を見るのも
楽しいことでした。それぞれの暮らしがそれぞれにあり笑顔や苦い顔、
その見えない向こうに何があるのでしょうか。なんてボーとするのもいいでしょね。

美術館とその近くの子供たち



f0137694_13401374.jpg




ギュスターヴ・モロー パリ9区 個人の建物の中に併設した美術館でらせん階段が
狭いのですが素敵な建物でした。
絵は…見るだけで疲れてしまいましたがその近くのトリニテ教会が朽ちていましたが
素晴らしい建物でした。そのそばにいた子供たち 

f0137694_13472882.jpg

f0137694_13132940.jpg


疲れも消えていくような子供の顔に微笑んでしまいました。

街角でのパリの人々、何気ない風景、私はそんな街の日常にいつも心を惹かれています。
# by akicosmosA | 2016-10-22 13:29 | 巴里2016 | Comments(6)

優しい秋

パリからのウキウキ感も収まり季節はすっかり秋ですね。
それでもまだ夏のような気温に汗をかいたり〜。
更け行く秋を満喫する前に晩秋へ移行してしまいそうですね。
f0137694_01571617.jpg
10月の私の誕生月
優しくて温かい陽だまりのような時間をたくさん頂きました。






f0137694_751956.jpg


湘南に住んでずいぶん長い時間が経ちました。
そこから始まった友人たちの素敵なご縁もブログで始まった奇跡的なご縁も
いまなお優しく静かに温かく私を包んでくれる日々です。
歳を重ねるたび感じる思いはより深く何気ない日々のありがたさを
四季折々感じることのできる喜びをいつも感謝できる自分でいたいとおもったり・・・。

秋・・・食べるも想うも遊ぶもいいですねえ。(いつもでしょう!)なんて声もありますが(笑)

f0137694_8423743.jpg




人生の扉 竹内マリア
I say it's fine to be 60
You say it's alright to be 70
And they say still good to be 80
But I'll maybe live over 90

私は言うの、「六十歳になるのもいいんじゃない」
あなたは言うの、「七十歳になるのも悪くはないわ」
そしてみんなは言うわ、「80歳だってまだまだ大丈夫よ」
でも、私は90歳過ぎまで生きると思うわ

秋の誕生日になるとなぜか思い出す歌であり歌詞なんです。
# by akicosmosA | 2016-10-21 07:33 | 思う | Comments(4)
10月はオレンジ?
ハーロウィンのためのディスプレイでにぎわう街

我が家も代り映えしませんが一応窓辺をオレンジ色に~~**

f0137694_882342.jpg


ハローウィンのファッションに包まれる女の子のお人形は2014年のバースディに
仲間が特注してくれたハローウィンドールです。
優しい顔のドールは毎年10月の窓辺を明るくしてくれます。

f0137694_8123381.jpg



秋の茸で炊き込みご飯
f0137694_8314047.jpg


急に秋も深まり朝晩寒くなりました。
皆様ご自愛くださいね。
# by akicosmosA | 2016-10-16 08:17 | 季節

映画のお話

f0137694_0492288.jpg



映画 奇跡がくれた数式

f0137694_110574.jpg


飛行機の中で観た映画の中で心に残る作品だった。

あの*マリーゴルドホテルで会いましょう*の浮かれた若い支配人役を
演じたソニー役の青年 デヴパテルが天才数学者 を演じます。
そしてハリウッドやフランス映画でももちろん舞台俳優としても活躍中の
英国生まれの名優ジェレミー・ジョン・アイアンズが
ケンブリッジの数学者ハディ博士を演じます。

英国人数学者ハーディと、インドの名もなき事務員ラマヌジャンという生まれも境遇も
全く違う二人の天才が出会い、世界を変える奇蹟を起こした実話です。
のちにアインシュタインより天才といわれたラマヌジャン
若くして病に倒れ急逝してしまいますが、博士との友情の芽生え
ケンブリッジでの無学歴によるさげすみ、人種への差別に苦しみながらも
自分の生み出した数式は
ハーディの力によって世界的な素晴らしい功績となるのです。
簡単な内容を書きましたが二人が出会うのはまだ1914年のお話です。
どんなに数学者として天才でも学歴もない彼が一冊のノートだけで
母国インドからイギリスへ招かれ研究をし暮らすには大変な苦労が伴いました。
その過程を映画で観ながらため息が出そうでしたがなかなかの映画でしたので
よろしければ皆様もとご紹介いたしました。

映画の日本公開は 10月の22日からとか。

飛行機での映画の楽しみはまだ日本では封切られてない作品や
見逃していた面白い作品に出合え鑑賞できたときでしょうか。

昨日は夫に付き合いマットディモンの究極のエンターメント映画
ジェイソンボーンを観ました。

f0137694_1322667.jpg


シリーズほとんど観ている夫。
IMAXシアターで迫力あるカーアクションなど内容はともかく
居眠りする暇もなく私までみてしまいました。
これもやはりただ面白い映画でした。
# by akicosmosA | 2016-10-10 01:35 | 観る映画、舞台 | Comments(6)

鎌倉 ケイティスタイル

秋を感じさせる花たち
好きな器で約束事を基本に楽しく生けました。
私は四方観にしました。

f0137694_10241839.jpg


f0137694_1028448.jpg


暑かったこの日 木曜日 花に囲まれいつもの皆さんと~~。

おまけ  少し遅かったけど夫からのバースディの贈り物
お花屋さんでシックなバラを選んできました。
花の数はさみしいけど、気持ちはまあ、100万本のバラということで(やさしい妻だわ)

f0137694_10282440.jpg

# by akicosmosA | 2016-10-08 10:36 |

ゆっくりのんびり~* お茶いかが?      


by こすもす